韓国旅行「コネスト」 「ソウルを代表する色」がソウルを彩る。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ソウルを代表する色」がソウルを彩る

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
‘丹青の赤色’‘美しい模様の入った壁の黄土色’‘銀杏の黄色’‘漢江(ハンガン)の銀白色’‘瓦の濃い灰色’…。

馴染みがないが、これらの名前は‘ソウルを代表する色’の名称だ。よく知っている色に韓国固有の建築物や自然の名前を付け加えた。

ソウル市は昨年5月、‘ソウルを代表する色’として10色を選んだ。ソウル市内にある公共の建物や施設、看板、商業、文化、住宅地区の造成など各種開発事業にも適用するためだ。

しかし、これは容易なことではなかった。空や漢江などの自然環境をはじめ、古宮や公共建築物、歴史文献などから250種類の色を選んだ。また、この色に合う背景の色(600色)を補い、850色を作った。この中から、ソウルを的確に表現している色(50色)を決め‘ソウルの色’とし、これらの色の中からソウルを代表する10色を選定した。10色のうち、最もよく‘ソウルを象徴している色’に‘丹青の赤色’を選んだ。英語ではソウルレッド(seoul red)という。

ソウル市はこれらの色を公共のデザインに適用している。最近、お目見えしたソウルのブランドタクシー‘ヘチ タクシー’に、‘漢江の銀白色’を基調にした‘美しい模様の入った壁の黄土色’を塗った。

問題は、ソウルを代表する色を知らない市民が多いことだ。会社員のイ・ドンウクさん(32)は「ソウル市が使用するから“ソウルの色”になるのではなく、市民たちが“ソウルの色”を知り、身近に感じられなければならないのでは」と指摘している。

‘ソウルの色’を塗る際にかかるコストも少なくない。ソウル市の関係者は「インターネットやカラープリントでは色を出しやすいが、色を塗る際には色を表現することに難しさがある」とし「多くのペンキを混ぜて色を作り出すために、多額の費用がかかる」と話している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年02月27日 11:22
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国の新規コロナ感染者564人
INFINITEソンジョン兵役終了
新海誠監督のアニメ映画 全作上映へ
ユン・ヨジョン 8日に凱旋
ソウルなど全国各地に黄砂危機警報 
韓国人「幸福度」コロナ第2波時最低
済州航空日本線の取消変更1回無料に
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
新型コロナのセルフ検査キットを販売
こどもの日に株式をプレゼント?
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
週間アクセスランキング
女優ホン・スヒョン 一般男性と結婚
21.05.06
非婚出産のサユリ息子と人気番組出演
21.05.03
ワクチン接種も278人がコロナ感染
21.05.04
ワクチン接種者 きょうから隔離免除
21.05.05
チャ・ウヌ 来月オンラインファンミ
21.05.06
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]