ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 物価高騰も給料上がらず 勤労者世帯の実質所得が5%減=韓国。韓国の経済ニュース
KONEST

物価高騰も給料上がらず 勤労者世帯の実質所得が5%減=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国でさまざまな商品、サービスが値上がりする中でも給与はほぼ変わらず、勤労者世帯の暮らし向きが厳しくなっていることが12日、分かった。最大野党「共に民主党」の金会在(キム・フェジェ)国会議員によると、国会立法調査処に依頼して統計庁の家計動向調査結果を分析したところ、世帯主が常用労働者である世帯の7~9月期の実質所得は前年同期比5.0%減少した。

この期間に消費者物価指数が前年同期比5.9%上昇したのに対し、名目所得の増加率は0.5%にとどまり、実質所得が減った。

常用労働者よりも雇用が不安定な労働者では、実質所得の減少率が常用労働者を上回った。臨時労働者の7~9月期の実質所得は前年同期比5.1%、日雇い労働者も5.6%、それぞれ減少した。

勤労者世帯ほどではないが、自営業者の世帯の実質所得も減った。従業員を雇用している自営業者の減少率は2.5%、従業員を雇用していない自営業者の減少率は0.7%だった。

一方、消費者物価指数の上昇率は7月に前年同月比6.3%まで拡大した後、8月が5.7%、9月が5.6%、10月が5.7%と推移し、11月は5.0%に縮小した。2022年の年間では5%台となり、この先も当分は5%前後で高止まりするとの見方が強い。19年の0.4%、20年の0.5%、昨年の2.5%を大きく上回る上昇率となる。

金氏は「経済の複合危機は来年から本格化するとの見方が多数を占める」とし、労働者の賃金引き上げを抑えるのでなく、財政出動で内需を拡大し経済を回復させる必要があると指摘した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年12月12日 15:15
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
マスク着用完全解除「5月ごろ」か
済州四・三事件 日本在住者も調査へ
2月からタクシー初乗り料金値上げ
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]