ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 カタールW杯現場で韓国リポーターが苦悩吐露「肩を組まれ慌てた。容易じゃない」。韓国のスポーツニュース
KONEST

カタールW杯現場で韓国リポーターが苦悩吐露「肩を組まれ慌てた。容易じゃない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2022FIFAカタールワールドカップ(W杯)でKBS(韓国放送公社)リポーターとして活躍中のユーチューバー、イ・スナル(本名チョン・イス)が現地からの生放送で海外サッカーファンにいわゆる「オッケパン(すれ違いざまに肩をぶつけられること)」をされる様子がカメラにそのまま映った。

21日、イ・スナルは自身のユーチューブチャンネルに「ワールドカップの生放送中にオッケパンされました。過去最大級の放送事故になるところだった」というタイトルの動画を公開した。

動画によると、イ・スナルは開会式が行われた20日(韓国時間)、カタール・アル・ホールのアル・バイト・スタジアムで現地の雰囲気を伝えるためにレポートを行った。

当時、生放送を準備していたイ・スナルは、突然近づいてきた外国人の集団に戸惑った。彼らは歌を歌いながらイ・スナルのそばにやってきて、一人の男性はイ・スナルの肩に手を置いたりもした。

それでもイ・スナルは「今、開会式が行われるアル・バイト・スタジアムに来ています。大会の開始を知らせる場だけに、現場の雰囲気は非常に熱い」と話し、気丈に放送を続けた。

この時、別の男性が口にタバコをくわえたまま登場してカメラを遮り、イ・スナルに自身の国の国旗を持つよう強要した。彼らは制止にもびくともせず、イ・スナルは片手で国旗を押しやって「世界の人々のお祭りという言葉が実感できる」と話した。

すると、この男性はイ・スナルの肩にぶつかって通り過ぎた。イ・スナルは押されてよろめきながらも「熱気が本当にすごい」と言い、落ち着いて報道を続けた。

慌ただしい環境の中で無事生放送を終えたイ・スナルは「現場は変数の連続。本当に驚いた。急にドラムを叩いて肩を組んできて、どうすればいいのか戸惑った」とし「容易じゃない」と語った。

続けて「実は意図せずに、突然集団が来た。これでもそれなりに統制したものだった。予想できなかった状況が起きたが、頑張って言うべきことは言った」とコメントした。

動画を見たネットユーザーは「生放送で見ていてどれほど心配したか。大怪我をしなくてよかった」、「肩に手を置いたり肩を押したりノー・マナーに腹が立つ」、「いくら文化の違いと言っても水準が低すぎる」、「現場でレポートするタレントは注意しなければならない」、「見ていて何か起こるのではないかと心配になった」、「ボディーガードをつけてあげなければならないと思う」などの反応を見せた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年11月22日 10:16
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
NCT 日本デビューシングル発売
TXTアルバム 初のビルボード1位
韓国LCC大手2社が黒字転換
韓服モデルコンテスト開催へ
韓国語学習の新空間が本格オープン
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]