韓国旅行「コネスト」 カタールW杯現場で韓国リポーターが苦悩吐露「肩を組まれ慌てた。容易じゃない」。韓国のスポーツニュース
KONEST

カタールW杯現場で韓国リポーターが苦悩吐露「肩を組まれ慌てた。容易じゃない」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
2022FIFAカタールワールドカップ(W杯)でKBS(韓国放送公社)リポーターとして活躍中のユーチューバー、イ・スナル(本名チョン・イス)が現地からの生放送で海外サッカーファンにいわゆる「オッケパン(すれ違いざまに肩をぶつけられること)」をされる様子がカメラにそのまま映った。

21日、イ・スナルは自身のユーチューブチャンネルに「ワールドカップの生放送中にオッケパンされました。過去最大級の放送事故になるところだった」というタイトルの動画を公開した。

動画によると、イ・スナルは開会式が行われた20日(韓国時間)、カタール・アル・ホールのアル・バイト・スタジアムで現地の雰囲気を伝えるためにレポートを行った。

当時、生放送を準備していたイ・スナルは、突然近づいてきた外国人の集団に戸惑った。彼らは歌を歌いながらイ・スナルのそばにやってきて、一人の男性はイ・スナルの肩に手を置いたりもした。

それでもイ・スナルは「今、開会式が行われるアル・バイト・スタジアムに来ています。大会の開始を知らせる場だけに、現場の雰囲気は非常に熱い」と話し、気丈に放送を続けた。

この時、別の男性が口にタバコをくわえたまま登場してカメラを遮り、イ・スナルに自身の国の国旗を持つよう強要した。彼らは制止にもびくともせず、イ・スナルは片手で国旗を押しやって「世界の人々のお祭りという言葉が実感できる」と話した。

すると、この男性はイ・スナルの肩にぶつかって通り過ぎた。イ・スナルは押されてよろめきながらも「熱気が本当にすごい」と言い、落ち着いて報道を続けた。

慌ただしい環境の中で無事生放送を終えたイ・スナルは「現場は変数の連続。本当に驚いた。急にドラムを叩いて肩を組んできて、どうすればいいのか戸惑った」とし「容易じゃない」と語った。

続けて「実は意図せずに、突然集団が来た。これでもそれなりに統制したものだった。予想できなかった状況が起きたが、頑張って言うべきことは言った」とコメントした。

動画を見たネットユーザーは「生放送で見ていてどれほど心配したか。大怪我をしなくてよかった」、「肩に手を置いたり肩を押したりノー・マナーに腹が立つ」、「いくら文化の違いと言っても水準が低すぎる」、「現場でレポートするタレントは注意しなければならない」、「見ていて何か起こるのではないかと心配になった」、「ボディーガードをつけてあげなければならないと思う」などの反応を見せた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年11月22日 10:16
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
RMが2ndソロアルバム発表
文前大統領の回顧録ベストセラー1位
BTSのJIN あと20日で除隊へ
尹大統領 26日に岸田氏と首脳会談
仁川空港で搭乗客のバッグに不審な粉
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
韓国が世界初の「電子皮膚」開発
ロシアの北朝鮮観光 参加不足で中止
盧武鉉元大統領死去から15年
ソウル地下鉄駅 乗車数トップは蚕室
週間アクセスランキング
飛行機の前座席に素足を乗せた迷惑女
24.05.21
ジェニー、日本旅行ファッション公開
24.05.21
世界初橋上のホテル 漢江にオープン
24.05.19
コ・ヒョンジョン東京生活を回想
24.05.19
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
24.05.23
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]