ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国、社会的距離緩和後に飲酒増加…30%が週2回以上暴飲。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国、社会的距離緩和後に飲酒増加…30%が週2回以上暴飲

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
「段階的な日常回復」以降、飲酒の頻度と飲酒量が増え、特に自宅よりも飲食店で酒を飲んでいることが調査で分かった。

韓国健康増進開発院は10日、こうした内容を含む「HP2030ファクトシート」を公開した。HP2030は国民健康増進法に基づき健康増進と疾病予防のための中長期政策方向を提示する汎政府計画。今回のファクトシートには禁煙・節酒・栄養など課題別の主要現況統計などが含まれた。

飲酒部門では、新型コロナ拡大後に減少した飲酒が昨年11月の「段階的な日常回復」以降、増加傾向に転じた。全国の成人3600人を対象にした調査で、「飲酒頻度に変化がある」という回答者は半分以上(51.1%)だった。「週2回以上」の飲酒頻度は日常回復前の25.8%から40.6%へと13.7ポイント上昇した。10人に1人(10.8%)は「週4回以上」と回答した。

「飲酒量に変化がある」という回答は41.4%だった。一回の酒の席で「5杯以上」飲むと答えた人は日常回復前の50.2%から65.3%へと15.1ポイント増えた。週2回以上の暴飲(焼酎1本またはビール4本以上)は15.6%から30.2%へと14.4ポイント増加した。

主に酒を飲む場所は飲食店だった。「自宅で飲む」という回答者は段階的日常回復前の55.7%から15.3%へと40.4ポイント減少した。半面、「飲食店で飲む」と答えた人は10人のうち7人(71.2%)と、以前(31.7%)の倍以上に増えた。

この調査は昨年の段階的日常回復直後に実施されたもので、社会的距離と室外マスク解除などの状況が反映された最近までに範囲を拡大して再調査をすれば、こうした傾向はさらに強まると予想される。実際、最近は飲食店での飲酒がコロナ以前と変わらないという人が多い。

会社員のキムさん(45)は8日、取引先と夕食をする機会があった。最初の店でマッコリを飲んだ後、次の店で焼酎を飲んだという。最近はこのように週2回以上の酒の席がある。イさん(50)も今週3回の酒の席が予定されている。イさんは「最近は約束が増え、コロナ以前とほとんど変わらない」と話した。

健康増進開発院は「禁酒区域の広報、酒類広告のモニタリング強化、飲酒を助長する環境の改善、節酒実践のための公益広告制作などで高リスク飲酒予防教育をする」と明らかにした。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年11月11日 07:49
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]