ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ソウルの脱線事故 列車通過前にレール破損していた=調査委員会。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウルの脱線事故 列車通過前にレール破損していた=調査委員会

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国・ソウルの永登浦駅付近で6日夜に列車が脱線した事故で、国土交通部の航空鉄道事故調査委員会は9日、同列車の4分前に別の列車が事故区間を通過する際にレールが破損したとする初動調査結果を明らかにした。

この事故の発生を受け事故調査委は直ちに調査チームを現場に派遣し、事故車両や事故の痕跡、レールの状態などの把握と、列車の運転記録と無線交信記録、監視カメラ映像の分析に乗り出した。

脱線事故が起きた列車を前方から捉えた映像や車輪の衝撃痕などから、この列車が事故現場に到達する以前に、線路の分岐器のうち進路を転換する先端部分、トングレールが破損していたことが確認された。1本前の列車を前方から映した映像ではトングレールの破損が識別できなかった。すでに細かい亀裂が入っていた可能性もある。

こうした状況を把握した事故調査委は8日午後10時、韓国鉄道公社(コレール)に対し緊急の安全措置を勧告した。同様の事故の発生を防止するため、トングレールの特別点検を実施し、欠陥が見つかった場合は措置を取るよう求めた。都市鉄道などその他の鉄道運営側にもこうした内容を伝えた。

事故調査委は今後、破損したトングレールを分析して破損の原因を調べる。維持管理の適正性や制度的な問題点なども併せ、事故原因を究明する方針だ。

この事故は6日午後8時52分ごろ、ソウルの永登浦駅近くで起きた。ソウルと釜山を結ぶ京釜線の列車が脱線し、20人が軽傷を負った。日本人1人を含む乗客34人が負傷した。いずれも軽傷だという。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年11月09日 15:37
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領 前政権の防衛政策批判
SMエンタ創業者 腕を骨折し入院中
アップルペイ 韓国でサービス開始へ
NCT 日本デビューシングル発売
日本データ会社 韓国代表攻略法提示
TXTアルバム 初のビルボード1位
韓国LCC大手2社が黒字転換
韓服モデルコンテスト開催へ
トルコ南東部「特別旅行注意報」発令
韓国語学習の新空間が本格オープン
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
日本人初 インスタ1000万人突破
23.02.07
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]