韓国旅行「コネスト」 流星あるいはミサイル?…韓国済州の夜空に出現した光柱の正体は。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

流星あるいはミサイル?…韓国済州の夜空に出現した光柱の正体は

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
26日夕方、韓国済州(チェジュ)の夜空に数十本の光の柱が並んで出現した。この光の柱の正体は漁船のライトが夜空の雲に反射して生じた現象だった。

済州消防本部にはこの日夕方にこのような光の柱を見たという届出が約10件入った。光の柱は済州市蓮洞(ヨンドン)や外都洞(ウェドドン)、朝天邑(チョチョンウプ)、涯月邑(エウォルウプ)をはじめ、西帰浦市孝敦洞(ソグィポシ・ヒョドンドン)や大静邑(テジョンウプ)など済州全域に出現していたことが分かった。

これに先立ち今年2月など、このような光の柱は今年だけで2~3回ほど済州の空に現れた。

ツイッターなどソーシャルメディア(SNS)にもこの光の柱を見たという情報提供が投稿された。ネット上では「今空に変なものが浮いている。これは何だ?」「とてもきれいだが何か気になる」「今の済州の夜空の不思議な光景」としながら関連の写真をシェアした。「隕石落下ではないか」「ミサイルではないか」などの反応も寄せられた。

済州地方気象庁は、この光は操業のために海上に停泊している漁船のライトが夜空の雲に反射して見られる現象だと伝えた。

暗い夜間に操業する漁船は魚を捕まえるために一般的に集魚灯と呼ばれるライトをつけておく。水平線に停泊している漁船がつけているライトが上層雲の中の氷粒子に反射し、その光が集まって光の柱のように見えているのだ。

4~5キロメートルの高さに浮かんでいる雲に反射するこの光は中山間地域まで観測が可能なものと見られる。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年10月27日 08:25
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
「白峰韓半島文化賞」に板垣竜太氏
BTSジミン 「MUSE」リリース
出生自動登録 身元隠し出産も保護へ
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
24.07.15
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]