韓国旅行「コネスト」 昌徳宮・熙政堂の夜間観覧 期間限定で実施へ=韓国。韓国の旅行ニュース
KONEST

昌徳宮・熙政堂の夜間観覧 期間限定で実施へ=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国文化財庁の宮陵遺跡本部は20日、ソウルにある朝鮮王朝時代の宮殿、昌徳宮の熙政堂の夜間観覧を26日、11月1、2、5、6日に実施すると発表した。

王の執務室として使われた熙政堂は1917年に焼失し、1920年に再建された。伝統的な建築物だが室内装飾や玄関などに西洋式の要素が取り入れられた点が特徴だ。朝鮮王朝時代後期と大韓帝国時代には王の執務室や接客室として使われ、歴史的価値も高い。

夜間観覧は午後6時10分と午後7時40分の1日2回実施され、中学生以上が参加できる。1回の定員は15人に限定する。

また、21日から11月20日までの毎週金、土、日曜日には解説を聞きながら昌徳宮の闕内各司と楽善斎をそれぞれ見学できるプログラムも実施される。両プログラムとも熙政堂の夜間観覧と同様、中学生以上が参加でき、1回の定員は15人まで。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年10月20日 13:55
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
シュガの映画が興行収益「世界1位」
韓中日の文化交流行事 金海市で開幕
ストレイキッズ5月10日に新曲
ネトフリ「寄生獣」が2週連続1位
日本人に人気の明洞屋台グルメは?
ジェニー、アイリット米チャートイン
日本製ビール輸入が125%増
中東情勢緊迫化でウォン安進行
ILLITデビュー曲がビルボードに
日韓親善協会中央会 新会長に元議員
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
週間アクセスランキング
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
aespaウィンター活動休止
24.04.12
NewJeansヘイン 活動休止
24.04.11
尹大統領が総選挙敗北受け立場表明
24.04.12
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
24.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]