ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「スタッフ性暴行」俳優カン・ジファン、ドラマ制作会社に53億ウォン賠償の判決確定。韓国の芸能ニュース
KONEST

「スタッフ性暴行」俳優カン・ジファン、ドラマ制作会社に53億ウォン賠償の判決確定

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
外注スタッフ女性2人に性的暴行・わいせつ行為をしたことが明らかになり、ドラマから途中降板した俳優カン・ジファン(本名チョ・テギュ、45)さんとカンさんの元所属事務所がドラマ制作会社に総額53億ウォン(約5憶4000万円)を支給するように命じる判決が最高裁で確定した。

12日、法曹界によると、最高裁第2部は、ドラマ制作会社スタジオサンタクロースエンターテインメントがカンさんとJellyfishエンターテインメントを相手取って起こした不当利得金返還訴訟で、カンさんとジェリーフィッシュの上告を審理不続行で棄却した。

これを受け、カンさんとJellyfishがサンタクロースに53億ウォンを支給するように命じる原審判決がそのまま確定した。

カンさんは2019年7月9日、自身の自宅でドラマ『朝鮮生存記』のスタッフとお酒を飲んでいたところ、外注スタッフ1人に性的暴行を加え、他の外注スタッフ1人を強制わいせつした疑いで起訴され、懲役2年6カ月に執行猶予3年が確定された。

この事件でカンさんは計20話で予定されたドラマから第12話に交代し、残りの8話分は他の俳優が投入され撮影を終えた。

これに対し、製作会社サンタクロースは2019年7月民事訴訟を提起した。

カンさん側とサンタクロースが結んだドラマ出演契約書には「契約解除・解約に帰責事由がある当事者は相手に支給された出演料、または契約金の中で多い金額の2倍を違約金として支給しなければならない」という内容があった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年10月13日 07:59
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国EC企業 日本のヤフーと連携
HYBEが、AI企業を買収
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
業務特化型ロボットに夢中の大手企業
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]