韓国旅行「コネスト」 「スタッフ性暴行」俳優カン・ジファン、ドラマ制作会社に53億ウォン賠償の判決確定。韓国の芸能ニュース
KONEST

「スタッフ性暴行」俳優カン・ジファン、ドラマ制作会社に53億ウォン賠償の判決確定

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
外注スタッフ女性2人に性的暴行・わいせつ行為をしたことが明らかになり、ドラマから途中降板した俳優カン・ジファン(本名チョ・テギュ、45)さんとカンさんの元所属事務所がドラマ制作会社に総額53億ウォン(約5憶4000万円)を支給するように命じる判決が最高裁で確定した。

12日、法曹界によると、最高裁第2部は、ドラマ制作会社スタジオサンタクロースエンターテインメントがカンさんとJellyfishエンターテインメントを相手取って起こした不当利得金返還訴訟で、カンさんとジェリーフィッシュの上告を審理不続行で棄却した。

これを受け、カンさんとJellyfishがサンタクロースに53億ウォンを支給するように命じる原審判決がそのまま確定した。

カンさんは2019年7月9日、自身の自宅でドラマ『朝鮮生存記』のスタッフとお酒を飲んでいたところ、外注スタッフ1人に性的暴行を加え、他の外注スタッフ1人を強制わいせつした疑いで起訴され、懲役2年6カ月に執行猶予3年が確定された。

この事件でカンさんは計20話で予定されたドラマから第12話に交代し、残りの8話分は他の俳優が投入され撮影を終えた。

これに対し、製作会社サンタクロースは2019年7月民事訴訟を提起した。

カンさん側とサンタクロースが結んだドラマ出演契約書には「契約解除・解約に帰責事由がある当事者は相手に支給された出演料、または契約金の中で多い金額の2倍を違約金として支給しなければならない」という内容があった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年10月13日 07:59
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国と豪州 外交・国防閣僚協議開催
「犯罪都市4」 観客100万人突破
東京韓国学校が開校70周年
素材・部品・装備企業の日本進出支援
ハリウッドスター 韓国坡州で目撃談
キム・チェウォン舞台後の近況に非難
HYBE 傘下レーベル代表を告発
ネット賭博にはまる韓国青少年
韓国プロ野球の崔廷 本塁打記録更新
「ピンキッツ」日本などツアー開催へ
週間アクセスランキング
「アナザースカイ」花村想太 編
24.04.22
韓国人女性が機内で暴れて緊急着陸
24.04.23
日女性バンド 初の単独韓国公演
24.04.20
韓国カフェ「HOLLYS」日本進出
24.04.23
モデルSHIHOトップモデルの品格
24.04.23
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]