ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「麻薬との戦争」宣言した韓国政府、捜査予算増額0ウォン…その理由は(1)。韓国の政治ニュース
KONEST

「麻薬との戦争」宣言した韓国政府、捜査予算増額0ウォン…その理由は(1)

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「麻薬との戦争」を宣言した尹錫悦(ユン・ソクヨル)政府だが、来年の検察麻薬捜査の予算は一銭も増やさないことが分かった。代わりにストーキング・児童性犯罪など社会的弱者を対象とした犯罪捜査予算は15%増えた。法務部と検察が数回にわたり厳しく対応する基調を打ち出してきた金融犯罪・ボイスフィッシングなどの民生犯罪捜査関連予算も昨年に比べて2.5%増額した。

法務部が先月2日、企画財政部との協議下で国会に提出した「2023年度予算および基金運用計画(案)事業説明資料」(以下、事業説明資料)を分析した結果だ。予算投入の優先順位すなわち政策優先順位なので、法務部の韓東勲(ハン・ドンフン)長官の来年度の政策が予算案に現れたといえる。

◆「仮想通貨追跡・分析装備購入」…科学捜査予算11.9%増
中央日報が10日に確認した法務部事業説明の資料によると、法務部の検察捜査支援予算のうち、麻薬捜査予算は前年度と同じ43億8500万ウォン(約4億4600万円)が編成された。当初、法務部は小幅増となる44億5600万ウォンを要求したが、企画財政部の調整過程で一部が削減された。別途の研究開発(R&D)予算としてメタンフェタミン(別名ヒロポン)など麻薬類大量密輸防止のための有害物質判別分析技法高度化事業に昨年と同じ2億4700万ウォンを策定した。

麻薬との戦争宣言に先立ち、来年度政府予算案が7~8月すでに構成されたために起こった現象だ。韓長官は6日の国政監査で「麻薬清浄国と汚染国の間に中間はないと考える。無理やりだろうがとにかく防がなければならない」と述べ、翌日イ・ウォンソク検察総長は「関税庁、食品医薬品安全処(食薬処)など関連機関と麻薬類の密輸、医療用およびインターネット麻薬違法流通を取り締まる広域単位の合同捜査を行う」と発表した。

国内麻薬流通犯罪捜査も検察が再びできるようにした、いわゆる「検捜原復(検察捜査権の原状復旧)」施行令も予算案国会提出以降である先月7日の国務会議で議決された。

在京地検に合同捜査団を新設または復活した、金融・証券犯罪、ボイスフィッシング犯罪など多数の庶民を対象にした民生犯罪捜査予算(国民生活侵害犯罪捜査、124億2900万ウォン)は昨年より増えたが、増加幅は2.5%(3億8000万ウォン)だった。

法務部は「証券・金融犯罪およびボイスフィッシング事犯捜査の力量強化に伴う特定業務経費2億7300万ウォンとボイスフィッシング専門担当捜査官海外派遣3500万ウォンを増額した」と説明した。

反面、イ・ウォンソク検察総長が麻薬とあわせて「4大犯罪」と規定して厳しい対応方針を明らかにしたストーキング犯罪・デジタル性犯罪・児童虐待犯罪など社会的弱者を対象とした犯罪捜査予算は前年比14.7%(5億6500万ウォン)増となる44億1400万ウォンが編成された。児童虐待犯罪で被害児童の証言の信憑性を判断して分析する専門分析官8人を増員して、彼らの処遇を改善するための4億7100万ウォンが増額の大部分を占めた。

韓長官が処遇改善を約束した矯正分野は▼刑務所運営(1.7%) ▼服役者の受容・教化(3.4%) ▼少年保護(3.8%) ▼犯罪予防機関の運営(12.6%)--など予算が大きく膨らんだ。特にストーキング・性暴行犯罪の再発を防ぐための電子監督(電子足輪など)の予算が11.8%(32億3000万ウォン)増えた。

法務部はこれを通じて「約10万5000人余りの個人情報を登録・管理する高危険群専門担当制が2023年以降に定着し、出所予定高危険性犯罪者に対する電子監督の管理が強化されるだろう」と期待した。

科学捜査インフラ構築予算も昨年(86億7600万ウォン)より11.9%(10億3100万ウォン)増となる97億700万ウォンで策定されたが、増額のほとんど(10億7800ウォン)が仮想資産追跡および分析装備の購入予算だった。先端犯罪およびデジタル捜査関連の予算は前年比10.5%(11億4500万ウォン)減となる97億7400万ウォンを編成しながらも、仮想資産不正取引分析および追跡プラットフォーム構築研究費は2億800万ウォンを新規に反映した。

法務部は「国内の国家機関そのものの仮想通貨追跡システムを開発し、国内の実情に合った違法仮想資産の追跡・分析プラットフォームを構築し、毎年外国製ソリューション使用料として支払う20億ほどの費用削減効果とともに違法仮想資産流通から国民と国家次元の経済的損失防止に大きく寄与するだろう」と明らかにした。最近検察は仮想通貨を利用した違法外国為替取引、テラ・ルナ暴落事態など仮想通貨関連の特別捜査に力を入れている。

一方、法務部の予算は昨年(4兆1192億8400万ウォン)より1.3%(544億6500万ウォン)増となる4兆1737億4900万ウォンが編成された。このうち検察予算は昨年比2.2%(73億6200万ウォン)増となる3409億4000万ウォンが編成された。検察運営は8.7%(104億6200万ウォン)、公判および刑執行は0.6%(2億7900万ウォン)、刑事司法先進化は19.9%(5800万ウォン)増加したが、検察業務情報化は6.8%(29億5500万ウォン)、捜査支援および力量強化は0.4%(4億8200万ウォン)減少した。具体的な事業予算は今後の国会審議過程で変わる場合もある。

検察運営に関しては、家宅捜索時の公正性強化のためにウェアラブル(wearable・着用可能な)カメラ導入予算を2億2600万ウォン増額し、公判活動に関しては捜査資料など記録運搬用電動カートを導入するために8億6100万ウォンを増やす予算も含まれた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年10月11日 13:43
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]