ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「ジェニー・Vの私生活写真流出犯、捕まえられない」…その理由は。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「ジェニー・Vの私生活写真流出犯、捕まえられない」…その理由は

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ガールズグループBLACKPINKのメンバー、ジェニーの私生活写真を流出したハッキング犯に対する捜査が容易ではないという見通しが伝えられた。

芸能記者出身のユーチューバーのイ・ジノ氏は3日、YouTubeの映像を通じて「IT専門家に確認をしてみたが非常に懐疑的な答えが返ってきた」とし「ジェニーの写真を流出したハッキング犯は捕まえることは難しいだろう」と伝えた。

イ氏は「最初の流布者が初めて利用したのはツイッターで、その後利用したのがテレグラムだ。このプラットフォームから犯人に対する資料を受け取ってはじめて捜査が可能」と説明した。

イ氏は「問題はこのプラットフォームが国内捜査機関に資料を渡したことが一度もない。n番部屋事件の時も捜査機関に資料を渡さなかった」とし「テレグラムはテロなど国家的危機だけに捜査機関に協力した。個人的な事案に対して資料を渡すことは非常に難しいと考える」とした。

イ氏はまたテレグラムの協力があっても逮捕の可能性は低いと伝えた。イ氏は「テレグラムは過去電子メールでも会員加入が可能だった。流布者がグーグルの電子メールに加入していた場合、グーグルにまた協力を要請しなければならない。この2社は個人情報を教えてくれるようなところでは絶対ない」と話した。

一方、8月からネット上にはジェニーの携帯電話をハッキングしたと推定される私生活写真が流布して問題になっていた。流布者はジェニーとボーイズグループBTS(防弾少年団)のVが一緒に写っている写真を相次いでネット上に流し、ファンはこれに対して懸念を提起した。

これに対してジェニーの所属事務所YGエンターテインメントは3日、「ジェニーの個人写真の最初の流布者を対象に先月警察に正式に捜査を依頼した」と明らかにした。続いて「追加被害を最小化するためにこれまで関連の言及と立場表明を自制してきた。だが、最近個人写真から触発されたデマ量産、非難、人身攻撃、セクハラ、私生活侵害が無分別に行われていて、これ以上黙過できない責任感を感じた」とし「いかなる善処もなく、あらゆる法的措置を取る予定」と明らかにした。

ジェニーとVはこれに先立ち5月に済州島(チェジュド)旅行目撃談がオンライン空間で広がり熱愛説が提起されたが、両側の所属事務所は特別な対応をしなかった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年10月04日 15:55
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
サムスン会長 卵投げつけられる
W杯ガーナファンが韓国ファンを嘲弄
エアプサン 釜山―札幌線の運航再開
ソウル地下鉄の労使交渉が妥結
仮面劇タルチュム ユネスコ遺産に
世界4大ミスコン 韓国人が初優勝
SMエンタ 元日無料オンライン公演
10月の訪韓外国人 47.6万人
釜山と大阪結ぶ旅客船 釜山港入港へ
草間弥生の緑の『かぼちゃ』落札
週間アクセスランキング
「BTSトラベルブック」が出版へ
22.11.25
「赤い悪魔」数万人で賑わった光化門
22.11.25
イカゲーム俳優政府広報放映中止に
22.11.25
KPOP公演企画事務所が海外で逮捕
22.11.25
ヒョンビン&ソン・イェジン男児出産
22.11.28
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]