韓国旅行「コネスト」 ソウル市の文化イベント 日本の天皇と憲兵の衣装もレンタル。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル市の文化イベント 日本の天皇と憲兵の衣装もレンタル

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のソウル市が23、24両日に主催した大韓帝国(1897~1910年)の文化を伝える夜間フェスティバル「貞洞夜行」で、衣装レンタルの中に日本の天皇と憲兵の衣装があったことが物議を醸している。市は行事の運営を任せた業者が任意に展示したものと説明し、業者に責任を問う姿勢を示した。

貞洞夜行は、大韓帝国の歴史の舞台だった徳寿宮などがあるソウル中心部の中区貞洞一帯で開催された。

市によると、近代の開花期に用いられていた衣装を着用して貞洞を巡ることができるよう、この時代の衣装を有料レンタルできるコーナーが会場内に設置された。大韓帝国皇帝の衣装をはじめ、軍服、韓服(韓国の伝統衣装)、学生服などが貸し出された。

この中に天皇の衣装と憲兵の制服が含まれていた。インターネットコミュニティーや交流サイト(SNS)では、大韓帝国の近代の歴史・文化をテーマとするイベントで、日本が外交権を奪い、その後植民地支配したことを象徴する衣装が展示、貸し出しされたのは不適切と批判する声が上がった。

市は25日、「行事を進行した外部の業者がレンタルコーナーの運営業者と協議し、承認した衣装を貸し出すことにした。行事運営業者は市の承認を得ず、現場で任意に問題の衣装を準備し、貸し出した」と釈明した。

また「会場内を管理監督して不適正な部分に対し措置を取るべきだったが、おろそかになっていた部分があった」と認めた上で、「行事運営側の契約違反事項に対し法的な責任を強く問う」と述べた。

ソウル市では先月も、リニューアルオープンした光化門広場のバス停の絵に、植民地時代の朝鮮総督府と日章旗を連想させるデザインが描かれているという批判が起きた。光化門広場の変遷を示す趣旨で市が若手デザイナーと協業して設置したものだったが、市は誤解の余地があったことを認め、展示を終了した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年09月26日 10:54
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国元サッカー選手 借金踏み倒し
医学部募集人員 前年比1497人増
BTSジミン 慶南道に奨学金寄付
「モバイル住民登録証」年内導入へ
訪韓観光客 コロナ禍前の90%回復
バーニング・サン 香港人が真相暴露
アウトレットに日本料理専門フロア
活動休止ヘイン、大人の魅力アピール
北朝鮮の汚物風船、慶尚南道まで飛来
「不況型貸付」急増 カード延滞増加
韓国、今年の出生率0.6人台か
週間アクセスランキング
日本人気バンドが7月にソウル公演
24.05.25
パク・ソジュンの熱愛説に事務所説明
24.05.24
「少女時代ユナもやられた」人種差別
24.05.28
日本人が押し寄せる 蔚山の田舎城郭
24.05.28
「川の上に世界初」漢江ホテル開館へ
24.05.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]