ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 完璧な群舞の代わりに個性的・肩の力を抜いた雰囲気…第4世代ガールズグループの台頭。韓国の芸能ニュース
KONEST

完璧な群舞の代わりに個性的・肩の力を抜いた雰囲気…第4世代ガールズグループの台頭

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第4世代ガールズグループが存在感を誇示している。7月にデビューしたNewJeans(ニュージーンズ)が『Attention』で夏の音源市場を平定した。先月末にカムバックしたIVE(アイブ)が『AfterLIKE』」でバトンを受けた。第2世代ガールズグループ少女時代から第3世代BLACKPINK(ブラックピンク)まで総出動した状況だが、新鋭の勢いが恐ろしい。IVEが4月にリリースした『LOVEDIVE』が4位(8月メロン月間チャート基準)を守り、NewJeansのもう一つのタイトル曲『Hypeboy』は5位にのぼった。

グループの動きは先輩ガールズグループと似ているようで違う。2007年にデビューした少女時代は『願いを言ってみて』『Gee』(09)など全国民が知っているメガヒット曲を出した音源強者だったが、アルバム販売は弱かった。第4世代ガールズグループは、ボーイズグループに劣らない火力を誇る。昨年12月にデビューしたIVEは、1stミニアルバム『ELEVEN』26万枚、『LOVEDIVE』66万枚、『AfterLIKE』108万枚などの販売高を記録した。BLACKPINKが2020年1st『THEALBUM』125万枚で砲門を開いた後、aespa(エスパ)の2ndミニアルバム『Girls』164万枚などガールズグループもミリオンセラー時代を迎えた。16日に発売されるBLACKPINKの2ndアルバム『BORNPINK』は、先行注文だけで200万枚だ。

ヒットの指標とされるアルバム発売の第1週目の販売量も毎月記録更新だ。1月、Kep1er(ケプラー)の『FIRSTIMPACT』が20万枚で歴代ガールズグループデビューアルバム最高成績を記録した。5月にLE SSERAFIM(ルセラフィム)の『FEARLESS』が30万枚、7月にNewJeansの『NewJeans』が31万枚など登場するチームごとに従来の記録を塗り替えた。サークルチャートのキム・ジヌ上級研究委員は「BLACKPINKの成功以降、企画事務所がガールズグループを見る観点が変わった。海外市場で勝算があるように見えれば、ガールクラッシュを標榜する複数のチームが作られ、国内外の女性ファンの新規流入でアルバム市場のパイ自体が大きくなった」と分析した。

このような雰囲気は様々なチームが登場できる土台になった。ガールズグループの基本公式だった清純、またはセクシー、キューティコンセプトから抜け出し、新しい試みが可能になった。第4世代ガールズグループのスタートを告げたITZY(2019年デビュー)まではJYPの先輩グループであるWonder Girls(ワンダーガールズ)やTWICE(トゥワイス)などトレンディなガールズグループの系譜を引き継ぎ、2020年デビューしたaespaもメタバースブランド「KWANGYA」に代表されるSMの世界観を集大成したチームだった。しかし、後続チームは雰囲気が違う。同じHYBE(ハイブ)傘下のレーベルでも、ソースミュージックからデビューしたLE SSERAFIMは破格的なパフォーマンスを前面に出し、ADORが作ったNewJeansはティーザー映像一つなしにシャネルのブランドイベントで初公開された。

NewJeansは、元SMビジュアル&アートディレクターのミン・ヒジン代表がHYBEに移籍して初めて公開したチームであるだけに、スタイリングも話題を集めた。S.E.S.など第1世代アイドルを連想させるヘアスタイルや楽な衣装は既成世代の郷愁を呼び起こすと同時に10代の少女と同質感を作り出した。完璧な群舞や華やかな高音の代わりに、自然さと安らぎを求める点も違う。韓国ジョージ・メイソン大学のイ・ギュタク教授は「aespaやLE SSERAFIMのようにコンセプトが強すぎるチームはメンバー一人ひとりが目立たない傾向がある。NewJeansはむしろコンセプトをなくし、各自の魅力がよく現れ、さらに新たに感じられた」と指摘した。

IVEは10~20歳の女性ファンの「憧れのアイドル」だ。Mnetオーディション番組『プロデュース48』を通じて結成されたIZ*ONEの活動が終わってIVEで再デビューしたチャン・ウォニョン、アン・ユジンの人気が圧倒的だ。アン・ユジンはtvNバラエティ番組『ピョンピョン地球娯楽室』でアイドルらしくない反転魅力を誇る。大学生のキム・ソジンさん(23)は「IVEは歌や舞台もいいが、ファッションやメイクが友達の間でいつも話題になっている」とし「アイドルの世界観競争が激しくなり、勉強することが多すぎる。むしろライトなチームを好むようになっているようだ」と話した。

イ・ギュタク教授は「IZ*ONEは『プロデュース』シリーズの製作チームのランキング操作のため、否定的イメージがレッテルのようにつけられたが、新しいチームとして活動してかなり薄れた」として「ポイント振り付けでティクトクのチャレンジブームを起こした『LOVEDIVE』や第2世代アイドルを思い出させるレトロな『AfterLIKE』など歌とチームのメリットが合致しシナジー効果が出た」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年09月06日 12:02
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
中国人向け短期ビザ発給制限延長
ブラックピンク ギネス世界記録認定
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
韓国、昨年11月出生児数2万人割れ
東京で義人李秀賢さん22周忌追悼式
東方神起 来月誕生日パーティー開催
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]