韓国旅行「コネスト」 トリミングしながら投げたり首絞めたり…サロンから帰宅後に毎日嘔吐した子犬。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

トリミングしながら投げたり首絞めたり…サロンから帰宅後に毎日嘔吐した子犬

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)のあるペットサロンで、美容師が子犬らを殴ったり投げたりするなど虐待したという疑惑が出てきた。

SBSが28日に伝えたところによると、6月に昌原のあるペットサロンでスタッフがトリミング中に子犬に暴力を加える姿が数回にわたり防犯カメラにとらえられた。防犯カメラを通じて確認された被害だけで100件余り、被害を受け子犬は10匹を超える。

防犯カメラの映像でスタッフはトリミングしていた子犬の背中をこぶしで何回も叩いたり、暴れる子犬の後足を激しく引っ張ったりした。

また別の子犬の場合、タオルでくるんで投げたりもし、トリミング道具を使って殴ったりもした。ある子犬は後頭部の毛をつかまれ床をひきずられていた。

スタッフの虐待行為はサロンに行ってから子犬の健康が悪化したという利用客からの申し出を受けサロンの院長が防犯カメラを確認して明らかになった。

被害を受けた犬の飼い主は「家に帰ると(子犬が)毎日吐いた。サロンに行ってストレスを受けたのかと思ったが、そうではなく首をしめるのが一般化されていた」と話した。

被害を受けた子犬は皮膚のあちこちで傷や炎症が見つかり、一部は外傷後ストレス障害まで起きていた。

サロンの院長は、トリミングルームにむやみに入ると犬が途中で驚いて負傷することもあり、これまでサロン内部の管理をおろそかにしていたとし、「私も被害者だ。私の犬が一番たくさん叩かれた」と話した。

虐待の事実が発覚するとスタッフは先月サロンを辞めた。このスタッフは虐待の事実を認めながらも、決められた時間内にトリミングを終わらせるために子犬たちを統制する過程で起きたことだと釈明した。

スタッフは「この子犬がとても言うことを聞かないのにきょう必ずやらなくてはならないという強迫があれば時間を測りながら緊迫するように働いていた気持ちが手に反映されたようだ。それは私の過ち」と明らかにした。

被害を受けた飼い主はスタッフを警察に告訴し、スタッフを相手取り損害賠償を請求する計画だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年08月29日 11:57
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「川の上に世界初」漢江ホテル開館へ
外国人に人気の新堂洞・汝矣島・済州
韓国、高卒就業者数が大幅減少
日韓中が終わると日米韓がひとつに
韓国の鉱物鉱山 日本の4分の1水準
ハン・イェスル新婚旅行中に人種差別
日本人が押し寄せる 蔚山の田舎城郭
90%が殺虫剤に耐性 マラリア警報
「少女時代ユナもやられた」人種差別
W杯韓国代表に呉世勲ら7人が初招集
週間アクセスランキング
日本人気バンドが7月にソウル公演
24.05.25
パク・ソジュンの熱愛説に事務所説明
24.05.24
歌手パク・ボラムさんの死因が判明
24.05.23
BTSのJIN あと20日で除隊へ
24.05.23
「少女時代ユナもやられた」人種差別
24.05.28
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]