ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 米粒のような砂粒が…今回は「砂まみれ」の中国産エゴマの葉。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

米粒のような砂粒が…今回は「砂まみれ」の中国産エゴマの葉

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
おかずの店で買ったエゴマの葉に中国産と推定されるタバコの吸い殻が入っていて論議を呼んで間もなく、今回は他のおかずの店が砂まみれのエゴマの葉を販売して再び物議をかもしている。今回も中国産だ。

25日、聯合ニュースによると、京畿道始興市(キョンギド・シフンシ)に住むAさんは15日、家の前にあるおかず店で購入したエゴマの葉の漬物を食べていたが、ジャリジャリする感じがして吐き出してから再び食べたが、また砂を嚙むような感じがしてよく見たら砂が覆われていた。

Aさんが撮影したエゴマの葉の写真を見ると、砂は赤く唐辛子粉のタレが染み込んでいたが、ご飯粒のような大きさの砂粒も多く、肉眼でもすぐ砂であることが分かった。

Aさんが購入したエゴマの葉は、中国から原材料を輸入した後、韓国の製造会社がおかずとして製造し、流通会社を通じて全国のおかず店に販売されたことが確認された。

流通会社はエゴマの葉の原材料採取と加工などに人件費がかかりすぎて中国産への依存度が高いが、韓国のおかず店のシェアが最大9割に達する可能性があると推定した。

おかず店はエゴマの葉の金額を払い戻して追加補償をしようとしたが、Aさんは補償を拒否し食品医薬品安全処に通報した。食品医薬品安全処はおかず店と製造会社を順に調査する予定だ。

エゴマの葉製造会社は「中国でエゴマの葉を採取した後、洗浄、漬物、包装など1次加工過程やおかず店で大容量のエゴマの葉を少量に分ける過程で異物が入った可能性がある」と明らかにした。

また「韓国で中国産エゴマの葉の原材料をおかずとして加工する前に再び洗浄するが、この時に濡れたエゴマの葉がくっついて離れなければ異物を取り除くことができないこともあり得る」と会社側は説明した。

業者関係者は「衛生管理を徹底しているのに異物が見つかって驚いた。消費者が嘘を言わなかったなら流通、製造過程で異物が入ったと認めざるを得ない。農産物は土のような異物の危険が常に存在する」と述べた。

Aさんは「いくらエゴマの葉をでたらめに洗ったとしても土がタレのようにいっぱい入っているのは理解できない。数日前、中国産エゴマの葉からタバコが見つかったが、砂まで出て当局の衛生管理に警戒心を高めるために情報提供をした」と述べた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年08月25日 09:56
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領の支持率 4週ぶり上昇
万博誘致成功なら空飛ぶクルマ披露へ
大統領室報道官に元新聞記者李度運氏
BTS受賞なるか 明日グラミー賞
ニュージーンズ楽曲 再生2億回超
梨泰院事故から100日国会で追悼式
新規コロナ感染者14,018人 
詩人尹東柱偲ぶ献花式 同志社大で
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]