ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国政府、日本・中国旅行から「入国前の新型コロナ検査」廃止検討。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国政府、日本・中国旅行から「入国前の新型コロナ検査」廃止検討

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国政府が中国や日本など比較的に移動時間が短い短距離旅行先から順に入国前に新型コロナ検査を廃止する方針を検討している。観光・旅行業界を中心に不満をぶつける声が高いうえに、入国前の新型コロナ検査がでたらめに行われ実効性をもたないという指摘まで提起され打ち出した対策だ。

中央事故収拾本部のパク·ヒャン防疫総括班長は24日のブリーフィングで、入国前の新型コロナ検査廃止の可能性に関する質問に「問題を認識している」とし、「疾病管理庁がこの部分について専門家の意見を聴取している」と答えた。現在、防疫当局はすべての入国者に対して入国前48時間以内のPCR検査、または24時間以内の専門家用抗原検査(RAT)陰性確認書を提出させている。

中央日報の取材によると、政府は短距離旅行から順に入国前に新型コロナの検査を廃止する方針を検討していることが確認された。この日、匿名を求めた防疫当局関係者は、「日本や中国など短距離旅行先から順に新型コロナの検査を廃止する方針を検討している」とし、「感染の懸念に対する声があがることを考慮し、初期には機内で食事や飲み物の提供を禁止し、乗客にマスク着用を義務付ける案が同時に議論される必要があるという主張もある」と述べた。

実際の検査廃止までは多少時間がかかりそうだ。まだ再流行が進んでおり、入国前の検査を廃止する代わりに入国後すぐに空港で新型コロナの検査を受けさせるなど、追加の防疫対策が用意されなければならない。この日、疾病庁は「国内外の感染者が増加傾向であることを考慮し、現時点では入国前の検査を維持して海外流入感染を最小化する必要があり、今後の流行の減少推移を見ながら入国前の検査政策について持続的に検討及び点検する予定」という立場を明らかにした。

防疫当局によると、経済協力開発機構(OECD)38カ国のうち入国前に陰性確認書の提出を求めている国は韓国と日本のみだ。これさえも最近、日本政府が検査廃止を検討し、国内観光・旅行業界で不満が爆発している。

一方、韓国と日本の他にニュージーランドや米国、カナダの3カ国は未接種者の入国を制限する措置を維持している。チリやリトアニア、ルクセンブルク、スペイン、コロンビアなど5カ国は、未接種者に限ってPCR検査を要求している。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年08月25日 06:58
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
マスク着用完全解除「5月ごろ」か
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
済州四・三事件 日本在住者も調査へ
マスク義務解除も外さず
NCT127 ワールドツアー完走
2月からタクシー初乗り料金値上げ
韓国でマスク義務ほぼ解除
「セカコイ」観客100万人突破
「スラムダンク」人気で異例の風景
釜山シティーツアー 夜間観光開発へ
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]