ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 道路上に散乱したビール瓶を市民が片づけ…2カ月後に同じドライバーが同じ事故=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

道路上に散乱したビール瓶を市民が片づけ…2カ月後に同じドライバーが同じ事故=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
江原道春川(カンウォンド・チュンチョン)で6月に大量のビールケースが道路に散乱する事故が発生し市民が整理を助けた温かい話が知らされた中で、12日にも同じドライバーが運転するトラックが同じ事故を起こしたことがわかった。

16日の警察などによると、6月29日のビール運搬トラックの事故と今月12日の事故のドライバーと事故車両が同一なことが確認された。

#【映像】道路上にあふれたビール2000本


12日午前11時30分ごろ、春川市東面(トンミョン)の道路を走行中の酒類運搬トラックから数十個のビールケースが道路に落下し散乱した。

しかし陶磁器工房とふとん店、造園会社など周辺の会社と商店街などから驚いた市民が1人2人と駆けつけ1時間ほどで道路をきれいに片づけた。

片付けに参加したある市民は「困っているドライバーを見て何か不利益でもないか気の毒だった」とドライバーを気遣ったという。

ドライバーは事故現場で「前回に続き今回も罰点を受ければ運行に支障が出る」という趣旨の発言をしたという。

実際にこのドライバーと事故トラックは先の事故と同一人物・同一車両だった。

このドライバーは6月29日にも春川市退渓洞(トェゲドン)の交差点でビール運搬トラックで走行中、左折する際に大量のビールケースを道路に落とす事故を起こしたが、市民の助けにより30分ほどで道路をきれいに整理できた。

こうした話が伝えられるとネットユーザーは「私は最初からあれがなぜ美談とされたのか理解できなかったが、しっかり処罰されたら良いだろう」「落とした人はちょっと叱られろ」「どこを見て運転しているのか」「トラックは無条件で大事故になるからドライバーが警戒心を持って運転すべきなのに実状はそうでない」と苦言を呈した。

警察は6月末の事故に対しては道路交通法によりAさんに罰点賦課とともに罰金処分を下したが、再度同じ事故が起きたことから、トラックのウイング部分の異常がないかなど整備後10日以内に検査結果を確認するよう行政命令を下した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年08月17日 08:39
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
BTSのRM米アート革新者35人に
ネット通販 衣服とレジャー過去最高
執務室・元大統領自宅周辺で集会禁止
ソウルタクシー今夜10時から値上げ
サムスン会長 卵投げつけられる
W杯ガーナファンが韓国ファンを嘲弄
エアプサン 釜山―札幌線の運航再開
ソウル地下鉄の労使交渉が妥結
仮面劇タルチュム ユネスコ遺産に
世界4大ミスコン 韓国人が初優勝
週間アクセスランキング
「BTSトラベルブック」が出版へ
22.11.25
「赤い悪魔」数万人で賑わった光化門
22.11.25
イカゲーム俳優政府広報放映中止に
22.11.25
KPOP公演企画事務所が海外で逮捕
22.11.25
ヒョンビン&ソン・イェジン男児出産
22.11.28
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]