韓国旅行「コネスト」 [芸能]パク・ヨンウとオム・テウン主演「携帯電話」封切間近。韓国の芸能ニュース
KONEST

[芸能]パク・ヨンウとオム・テウン主演「携帯電話」封切間近

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル12日聯合ニュース】19日公開の映画「携帯電話」は、携帯電話をなくした芸能人マネージャーのオ・スンミン(オム・テウン)と、その電話を拾ったチョン・イギュ(パク・ヨンウ)の対決を描くスリラー映画だ。
 イギュは普段は限りなく親切で善良な男だが、スンミンとの通話を介して犯罪に手を染める中、内面の怒りと邪悪な部分を噴出させる。パク・ヨンウは11日の記者懇談会で、そんなイギュも寂しい人間だと思うと心が痛かったと打ち明けた。

 「『携帯電話』の登場人物はいろいろな解釈ができます。イギュはいつも他人の言葉を無条件で受け入れる『イエスマン』ですが、自分も対話が必要なのに話を聞いてくれる人がだれもいないなと思いました」。シナリオを読んだとき、イギュがスンミンに殴られるシーンでは、自分自身が殴られたかのように痛かったという。

 最初の20分間、電話の声だけで登場するパク・ヨンウは、純朴そうな声から正気を失った感を与える身の毛がよだつような声まで、さまざまな声の演技を披露する。匿名性が守られる電話を介し自分の内面を見せようと試みたことが相手に恐怖を与えることになるが、そうした皮肉さを表現したかったという。

 オム・テウンと役を変えて演じていたら、との質問に、パク・ヨンウは「イギュのキャラクターへの哀れみが強く、考えたこともなかった」と答えた。「主役が2人の場合は決まって聞かれる質問ですが、どんな役であろうとそのキャラクターを考えるのに忙しく、その人物に哀れみを感じるので他の人は見えませんね」。

 オム・テウンも、スンミン役が手ごわく他の人物まで考える余裕がなかったと話す。いつも興奮し腹を立て声を荒げるスンミンは、どこでどれだけ感情を表現すべきか悩むことが多かったと打ち明けた。

 一方、キム・ハンミン監督は、オム・テウンとパク・ヨンウには相反する部分があり、対比と調和を成すことができたと評価した。

COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2009年02月12日 12:12
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
セウォル号沈没事故から7年
JYPがオーガニック化粧品に出資 
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
政府報告書「内需不振の緩和」に言及
大統領候補の支持率前検事総長25%
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
韓国の新規コロナ感染者673人
パクソジュンら主演映画クランクイン
ハイライトが来月3日にミニ盤発表
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
週間アクセスランキング
BTS17日にイベント無料配信
21.04.12
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
12日から屋内でマスク常時着用
21.04.12
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
ユン・ヨジョン英アカデミー賞受賞
21.04.12
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]