ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「ソウル~ニューヨーク7時間」…超音速旅客機、下半期に試験飛行。韓国の旅行ニュース
KONEST

「ソウル~ニューヨーク7時間」…超音速旅客機、下半期に試験飛行

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
時速1500キロメートルで飛行する超音速旅客機が下半期に試験飛行に出る。

CNNなど外信は先月31日「米航空宇宙局(NASA)が製作中の超音速旅客機X-59が年末に試験飛行を始めるだろう」と伝えた。

X-59はNASAと米防衛産業企業ロッキード・マーチンが共同で開発している超音速旅客機で、全長約30メートル、最大幅8.8メートルで、細く長い流線型の機体を持つ。

X-59は17キロメートル上空で音速より速い時速1500キロメートルで飛行できるが、これはソウルからニューヨークまで7時間20分で行ける速度だ。

X-59の最大の特徴は、ソニックブーム現象を最小化した点だ。ソニックブームとは航空機の超音速飛行により発生する爆発音をいう。X-59は速い速度で飛行してもバスケットボールを床に弾ませる音程度の騒音しか発生せず周辺に被害を与えない。

また別の特徴は一般的な旅客機と違い操縦席にガラス窓がないことだ。代わりに操縦士は外部ビジョンシステムと呼ばれるディスプレー画面を通じて前方を見ながら機体を操縦する。

NASAは21日に風洞テスト中であるX-59の写真とともに「テストの結果は非常に成功的だった」と伝えた。NASAによるとX-59は遅くとも10年以内に商用化される予定だ。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年08月01日 07:22
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]