ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 新型コロナ最悪バージョン「ケンタウルス」が韓国上陸…初の患者発生。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

新型コロナ最悪バージョン「ケンタウルス」が韓国上陸…初の患者発生

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
新型コロナウイルスのうち最悪バージョンと呼ばれる「BA.2.75(ケンタウルス)」に感染した感染者が韓国でも初めて登場した。近く韓国内で優勢株になるとみられるBA.5に加えてケンタウルスまで勢力を広げることになれば、これまでの予測よりもはるかに流行規模が大きくなる可能性があるとの懸念が出ている。

14日、韓国防疫当局関係者は新型コロナ感染者の検体を分析した結果、ケンタウルスに感染した感染者が1人発生したと述べた。疾病管理庁は患者の感染経路や動線などの疫学調査に着手したことが確認された。

BA.2の別の下位系統であるケンタウルスは今年5月にインドで初めて見つかった後、米国・オーストラリア・カナダ・ドイツ・英国など15カ国で報告された。専門家は以前の変異株とは違うという意味でBA.2.75にギリシャ神話に出てくる半人半獣「ケンタウルス(Centaurus)」という別称を命名した。

BA.2.75の特徴は伝播力の強さだ。インド科学産業研究協議会傘下のゲノム・統合生物研究所(CSIR-IGIB)の科学者Lipi Thukral氏は該当の変異株がインドから離れたさまざまな地域で確認され、他の変異株よりも伝播ペースが速いとみられると分析した。米国アーカンソー州立大学の研究によると、最近3カ月間のインド内のケンタウルスの拡散ペースはBA.5に比べて3.24倍に達する。米国医療センターであるメイヨー・クリニックの臨床ウイルス学責任者のMatthew Binnicker氏は「多くの結論を出すにはまだ早すぎる」としつつも「しかし特にインドで伝播ペースが幾何級数的に増加しているとみられる」と懸念した。

BA.2.75系統は以前の下位系統と比較してスパイク(突起)タンパク質に突然変異が多く、ウイルスがより効果的細胞と結合し、ワクチンや感染によって形成された抗体を回避することができ、ブレイクスルー(突破感染)や再感染の危険が高いといわれている。米国医学研究機関スクリプス研究所のエリック・トポル所長はBA.2.75について「BA.5より突然変異がさらに8カ所多く、相当数が(スパイクタンパク質の)N-ターミナルに位置していて、私たちが今見ているものより免疫回避がさらに深刻な可能性がある」と分析した。

ただし、まだ拡散初期であるため他のオミクロン下位系統と比較してさらに深刻な重症症状を誘発するかどうかなどははっきりと明らかになっていない。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年07月14日 15:00
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
新規コロナ感染者14,018人 
詩人尹東柱偲ぶ献花式 同志社大で
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
曺国元法相に懲役2年実刑判決
BTS育ての親が特別賞受賞
SMエンタ プロデュース体制転換
疲れ果てる韓国の看護師たち
梨泰院雑踏事故から100日
日韓市民がマスクを外さない理由
「スラムダンク」 漫画も人気=韓国
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]