ついにノービザで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
韓国旅行「コネスト」 韓国の23年最低賃金 5%増の1,010円=労使いずれも反発。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国の23年最低賃金 5%増の1,010円=労使いずれも反発

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
労使双方の委員や有識者などで構成する韓国の最低賃金委員会は29日夜、2023年度(1~12月)の最低賃金を前年度比5.0%増の時給9620ウォン(約1010円)に引き上げることを決めた。

同額は今年の最低賃金(9160ウォン)より460ウォン多い。月額(209時間労働ベース)では201万580ウォンとなる。

労使の代表は3回にわたりそれぞれ要求額を提示したが隔たりは埋められず、公益委員が9620ウォンを提示し、票決で決定した。最低賃金委は労使と有識者の公益委員の三者で構成される。労使の隔たりが大きいため、公益委員が事実上キャスティングボートを握る。

使用者側は委員全員が票決に参加せず、退場した。

今回の決定をめぐり、労働界と使用者側はいずれも反発している。

労働者側委員は「5%は実際の物価上昇率にも及ばず、結局は賃金引き上げではなく、削減のレベル」と主張した。

使用者側の委員は「最も重要なのは零細事業者や中小企業の支払い能力だが、これが反映されていない。限界の状況に置かれた零細事業者や中小企業は耐えきれない」と述べた。

雇用労働部は8月5日までに来年度の最低賃金を公示。23年1月1日から効力が生じる。公示前に労使双方は異議を申し立てることができ、雇用労働部が異議申し立てを認めれば最低賃金委員会に再審を要請できる。ただ、これまで再審を行ったことはない。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年06月30日 08:55
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
梅雨は終わったが500ミリ水爆弾
3割が交通弱者 鉄道利用満足度1位
JYP 音楽コンテスト開催
李在明夫人の側近 財産80億の謎
ソウル漢江に世界最大の観覧車建造へ
ヒョンデEV車 充電中に火災
aespaが日本で初ショーケース
来月23~25日に大阪韓国映画祭
新型コロナ感染 6日連続10万人台
米男子ゴルフ優勝 韓国人9人目
週間アクセスランキング
日本から韓国へビザ無し入国が可能に
22.08.03
タイ人110人 異例の入国不許可
22.08.04
ソウル観光盛り上げる大型フェス開幕
22.08.04
緊張高まるK-POP中国人メンバー
22.08.03
ビキニ女性乗せソウル市内を走行
22.08.02
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]