ついにノービザで行ける!ウィズコロナの韓国旅行
韓国旅行「コネスト」 韓国型ロケット「ヌリ号」の研究員、劣悪な処遇改善を要求…「低賃金、法定手当も受けられず」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国型ロケット「ヌリ号」の研究員、劣悪な処遇改善を要求…「低賃金、法定手当も受けられず」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
21日打ち上げに成功した韓国型ロケット「ヌリ号」の開発機関である韓国航空宇宙研究院の労働組合が研究員の劣悪な処遇改善を要求してきた。

航空宇宙研究院の労組は27日、声明書を出して「ヌリ号の打ち上げはとても成功的だった。だが、研究者は低い賃金水準、時間外手当てを法通りに受けられない境遇を自嘲している」と訴えた。

労組は「公共研究機関の経営情報公開システムによると、2020年基準で航空宇宙研究院の新入職員の初任報酬は国家科学技術研究会の25政府外郭研究機関の中で21番目」として「1000人以上の職員と年間6000億ウォン(約630億円)規模の事業を遂行する主な政府外郭研究機関中では最下位」と話した。

労組は「低い賃金のため、他の研究院に同時に合格した人材が航空宇宙研究院を選択しなかったり、ともに働いていた若い研究員が賃金を理由に他の政府外郭研究機関に離職したりする場合が頻繁になっている」と明らかにした。

さらに、「一つの任務に向かって数百人が協業する任務中心の研究開発のためには個人の未来や全体の成果をともに考慮しなければならない。しかし、現実は低い賃金だけでなく、夜間および休日勤務を含む時間外勤務に対する手当てすら勤労基準法に記されている水準通りにきちんと保証されず訴訟まで準備している」と強調した。

同時に、「政府外郭研究機関の労組、現場の研究者と連携して団結して要求を貫くためにできる限りのすべての行動をする予定」と強調した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年06月28日 08:41
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国忠清圏最大300ミリの水爆弾
BTSビルボード8週連続ランクイン
新規コロナ感染者 151,792人
7月の失業率2.9%に改善
ソウル都心の一部道路が通行規制
半地下家族の悲劇を伝えたBBC
外車の多いソウル江南 浸水損害
短期滞在者 入国日空港PCRを推奨
訪韓外国人客向けセールイベント開催
食べられた犬 年間38万匹に上る
週間アクセスランキング
日本から韓国へビザ無し入国が可能に
22.08.03
短期滞在者 入国日空港PCRを推奨
22.08.09
ヒョンデEV車 充電中に火災
22.08.08
大雨で地下鉄9号線一部運行を中断
22.08.09
きょうも韓国で300ミリの大雨予想
22.08.09
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]