韓国旅行「コネスト」 太宰治「人間失格」が人気 韓国で100刷に=特別版出版へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

太宰治「人間失格」が人気 韓国で100刷に=特別版出版へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の出版社ミヌム社は14日、自社選書の「世界文学全集」から2004年5月に発行した日本の作家、太宰治(1909~48)の小説「人間失格」が100刷に達したことを記念し、特別版を出版すると発表した。韓国出版業界で世界文学全集に組まれた作品が新刊出版や特別な宣伝活動なしに根強く売れ続け、100刷を記録するのはまれなケースだ。

 ミヌム社の世界文学全集は今年2月の時点で400作を超えているが、そのうち100刷を記録した作品はJ・D・サリンジャー「ライ麦畑でつかまえて」、ヘルマン・ヘッセ「デミアン」、ジョージ・オーウェル「動物農場」などわずかだ。

 「人間失格」はこれまでに30万部超を売り上げた。

 ミヌム社の関係者は昨年の初めごろから「人間失格」を買い求める読者が急に増えたとし、「(新型コロナウイルスの感染拡大が始まった)20年には(アルベール・カミュの)『ペスト』がよく売れた。厳しい時勢に古典がよく売れるにしても『人間失格』は群を抜いて人気が高い」と話した。編集者も理由を明快に説明できず、「ミステリー」とも言われているという。

 1948年に発表された「人間失格」は太宰治の代表作の一つ。人間関係に対する本能的な恐怖と懐疑から逃れられない若者があがき、転落していく姿を描いた。

 ミヌム社は「発表から70年が過ぎた今も世界中の若者に読まれている。現実の壁の前で立ち尽くす不安定な状況の青年たちの間で特に深い共感を呼んでいる」とコメントした。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年06月14日 15:58
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
尹大統領支持率が3カ月半ぶり高水準
ENHYPENが米チャートイン
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
BTSジミン 「MUSE」リリース
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
パリ五輪選手団の公式服装を嘲弄
24.07.19
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]