ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国短編映画「二つの光」 日本で公開=サムスン電子製作 。韓国の芸能ニュース
KONEST

韓国短編映画「二つの光」 日本で公開=サムスン電子製作 

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の巨大複合企業、サムスン電子が製作した短編映画「二つの光」が、完成から約5年を経て日本で封切られた。

業界関係者によると、同作品は13日に東京と大阪で公開された。来月からは名古屋、札幌、福岡、仙台など日本全国の主要都市で上映される。

 「二つの光」はサムスン電子の社内ベンチャーが開発した視覚障害者支援アプリを題材にしたもので、2017年に製作された。ハン・ジミン、パク・ヒョンシク主演で、ヒット映画「八月のクリスマス」のホ・ジノ監督がメガホンを取った。韓国では公開当時、SNS(交流サイト)などで大きな話題を呼んだ。

 視覚障害にも堂々と明るく生きるアロマセラピストのスヨン(ハン・ジミン)と、次第に視力を失っていくピアノ調律師のインス(パク・ヒョンシク)が写真同好会で出会い、惹かれ合っていくラブストーリーを描いている。

 日本での公開は、芸術映画を厳選して紹介するブリッジヘッドの小川真司氏が同作品を見て「身銭を切ってでも日本に紹介したい」と意欲を示し、実現したとされる。

 映画の題材となった視覚障害者支援アプリは、カメラのレンズから見える映像を視覚障害の類型に合わせ、認識しやすい形態に変換するもので、現在後続の開発作業が行われているという。

 サムスン電子関係者は「企業の社会的責任を実践する一環として製作した映画の真心と作品性が認められ、日本で上映されたことに意味がある。人類社会に貢献するというサムスンの経営哲学をさまざまな形で実践していく」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年05月15日 11:26
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国SK会長離婚訴訟 妻に69億円
韓国初200万枚突破アルバム何如歌
W杯 対照的な韓日指揮官の今後
BTSジンが13日入隊 見送り自粛
サムスン電子が若手を積極抜てき
地下鉄に挟まれたショッピングカート
韓日関係は未来を見据えて=韓国SK
新規コロナ感染者 77,604人
在庫切れガソリンスタンド急増
W杯 韓国、ブラジルに1-4完敗
週間アクセスランキング
乗客182人の航空機 「緊急回航」
22.12.02
世界4大ミスコン 韓国人が初優勝
22.11.30
南陽乳業・暁星創業者の孫 大麻使用
22.12.02
KARA活動時代 強制的に1日1食
22.12.02
日本語でタクシー配車・決済可能に
22.11.30
COPYRIGHT ⓒ 2022 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]