ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国、養育費が最も多くかかる国1位…2位は中国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国、養育費が最も多くかかる国1位…2位は中国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国が世界で養育費の負担が最も大きな国に選ばれた。

9日(現地時間)、米CNN放送は米国投資銀行ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(JEF)を引用し、出生後18歳まで子女を養育するためにかかる費用は韓国が1人あたりGDPの7.79倍(2013年基準)で分析対象国14カ国で最も高いと伝えた。ついで中国が6.9倍を記録し、英国(5.25倍)・日本(4.26倍)・米国(4.11倍)・ドイツ(3.64倍)などとなった。

JEFは韓国と中国の養育費の負担が重い理由について、高い教育・保育費、低い保育活用の可能性だと分析した。私教育費が他の国々と比べてもはるかに高く、格安で子どもを預けられる場所もあまりないということだ。

JEFは、中国の場合、子どもを18歳まで育てるために約7万5000ドル(約936万円)かかると紹介した。大学まで卒業させるためには追加で2万2000ドルが必要だという。

CNNは「西洋諸国の夫婦は2~3人の子女を望むが東洋の夫婦はその数が少ない」とし「今も中国人夫婦は高い養育費のせいで1人以上の子女を持ちたがらない」と説明した。アジア国家の婚姻件数も落ちていると付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年04月11日 14:19
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
曺国元法相に懲役2年実刑判決
BTS育ての親が特別賞受賞
SMエンタ プロデュース体制転換
疲れ果てる韓国の看護師たち
梨泰院雑踏事故から100日
日韓市民がマスクを外さない理由
「スラムダンク」 漫画も人気=韓国
映画「スラムダンク」韓国で連続1位
コロナ感染者速報メール 配信終了へ
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
23.01.31
2月からタクシー初乗り料金値上げ
23.01.30
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]