韓国旅行「コネスト」 韓国、養育費が最も多くかかる国1位…2位は中国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国、養育費が最も多くかかる国1位…2位は中国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国が世界で養育費の負担が最も大きな国に選ばれた。

9日(現地時間)、米CNN放送は米国投資銀行ジェフリーズ・ファイナンシャル・グループ(JEF)を引用し、出生後18歳まで子女を養育するためにかかる費用は韓国が1人あたりGDPの7.79倍(2013年基準)で分析対象国14カ国で最も高いと伝えた。ついで中国が6.9倍を記録し、英国(5.25倍)・日本(4.26倍)・米国(4.11倍)・ドイツ(3.64倍)などとなった。

JEFは韓国と中国の養育費の負担が重い理由について、高い教育・保育費、低い保育活用の可能性だと分析した。私教育費が他の国々と比べてもはるかに高く、格安で子どもを預けられる場所もあまりないということだ。

JEFは、中国の場合、子どもを18歳まで育てるために約7万5000ドル(約936万円)かかると紹介した。大学まで卒業させるためには追加で2万2000ドルが必要だという。

CNNは「西洋諸国の夫婦は2~3人の子女を望むが東洋の夫婦はその数が少ない」とし「今も中国人夫婦は高い養育費のせいで1人以上の子女を持ちたがらない」と説明した。アジア国家の婚姻件数も落ちていると付け加えた。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2022年04月11日 14:19
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
Highlight 新譜を発売へ
韓国ウェブ漫画 日本でドラマ化
地方の市場アルバイト大半が留学生
世帯当り消費支出額が5.1%増加
警察 医師協会を家宅捜索
政府 研修医に業務開始命令公告
韓国人作家 仏文学賞受賞
研修医の職場離脱 大きな変化なし
韓国、実質賃金が初めて2年連続減速
尹大統領 ザッカーバーグ氏と面会
週間アクセスランキング
YGエンタ グラビア撮影中に事故
24.02.29
韓国アイドルの髪の毛オークションに
24.02.27
ネトフリ韓国ドラマ「寄生獣」配信へ
24.02.28
独立運動記念日にソウルで大規模集会
24.02.29
ロッテ免税店日本酒「獺祭」取り扱い
24.02.27
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]