ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ソウル市の20~30代 7年で8.2%減=「住宅価格のため」。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ソウル市の20~30代 7年で8.2%減=「住宅価格のため」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のソウル市が6日に発表した調査結果によると、同市に住む20~30代の人口は減少を続け、不安定な雇用や高額な住宅価格に苦しんでいることが分かった。

ソウル市は「2021年ソウルサーベイ都市政策指標調査」に基づき、20~30代の平均的な暮らしを分析した。調査は同市に住む2万世帯(15歳以上の4万411人)と市民5000人、外国人2500人を対象に昨年9月6日から11月16日まで行われた。

◇転出者の約半数が20~30代 「住宅価格」原因も

ソウル市の調査結果によると、昨年の時点でソウルに住む20~30代(満20~39歳)は286万人で、女性(146万人)が男性(140万人)より多かった。20~30代がソウル市全体の人口に占める割合は30.1%となっている。

過去7年間にソウル市の20~30代の人口は8.2%減少し、同市の人口全体の減少率(マイナス5.1%)を上回った。20~30代の人口減少の主な原因は、ソウル市以外への転出だった。ソウル市から転出した人口の約半数が20~30代で、転出理由は20代が家族、職業の順、30代は住宅、家族の順だった。

ソウル市の関係者は「主に家族や職場が理由の転出入が多いが、30代の移動の要因の一つに『住宅価格』がある」とし、「これに関してより多くの政策が必要だ」と述べた。

20~30代が住む住宅形態はマンション(42.8%)、集合住宅(28.1%)、一戸建て(24.0%)の順だった。両親が所有する家を含めて持ち家は35.8%、賃貸は28.1%だった。

◇睡眠時間は7時間以下 対人関係・財政状態でストレス 

ソウル市に住む20~30代の1日の平均睡眠時間は6時間49分だった。

なかでも、雇用が不安定な人ほど睡眠時間が短かった。有給のインターンの睡眠時間は6時間7分、定年のある正規職の睡眠時間は6時間44分だった。

20~30代の約半数(46.6%)がストレスを感じると答え、その原因として対人関係(23.0%)、財政状態(22.7%)、過度な業務・学習量(22.2%)などを挙げた。

雇用形態は正規職(67.7%)、無期契約職(19.3%)、期間制契約職(11.9%)、有給インターン(1.0%)の順だった。正規職の割合は30代ではやや上昇した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年04月06日 19:36
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
「契約金支給」シム・ウナ復帰説
韓国・現代建設 日本の碩学迎え強化
BTS 米キッズ・アワード候補に
ソウルタクシー 今日から料金値上げ
韓国の汚職清潔度31位 日本18位
ソン・ジュンギも、多文化家庭の恩恵
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]