韓国旅行「コネスト」 韓国検察 サムスン傘下企業を家宅捜索=トップの経営権継承問題に関連か。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国検察 サムスン傘下企業を家宅捜索=トップの経営権継承問題に関連か

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国のサムスングループが傘下のフードサービス企業、サムスンウェルストーリーを不当に支援していたとの疑惑を巡り、ソウル中央地検が28日、サムスン電子とサムスンウェルストーリーの本社を家宅捜索した。グループ経営トップの李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の経営権継承を巡る捜査につながるか注目される。

公正取引委員会は昨年6月、サムスン電子やサムスンディスプレーなどに2349億ウォン(約235億円)の課徴金を科し、崔志成(チェ・ジソン)元サムスングループ未来戦略室長とサムスン電子を公正取引法違反の疑いで検察に告発していた。

公取委はサムスン電子などグループ傘下企業が2013年から昨年まで李氏一家が事実上支配するサムスンウェルストーリーに社員食堂サービスを随意契約で受託させたと判断した。サムスンウェルストーリーは李氏が筆頭株主でグループ持ち株会社の役割を担うサムスン物産の100%子会社で、公取委はサムスンウェルストーリーの利益が李氏側に流れたとみている。サムスン物産が15~19年にサムスンウェルストーリーから受けた配当金は計2758億ウォンに達する。

公取委は旧サムスン物産と第一毛織の合併当時、旧サムスン物産の株主の反発を和らげるため配当を増やしたが、それに必要な資金をサムスンウェルストーリーの利益で賄ったとみている。サムスンウェルストーリーが事実上、李氏一家の「キャッシュカウ(金のなる木)」の役割を果たしたと判断している。

ただ、公取委はサムスングループが経営権継承のため、不当な支援を行ったとの結論は出せなかった。検察が強制捜査に乗り出したことで、李氏の経営権継承問題につながる可能性があるとの見方が出ている。

一方で、経営権継承疑惑は国政介入事件などですでに調べ尽くしており、サムスンウェルストーリーの不当支援疑惑が経営権継承疑惑につながる可能性は低いとの見解もある。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年03月28日 15:43
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
豪雨被害の地域を特別災難地域に指定
NCT127のアルバムがきょう発売
ソウル飲食店の店内で喫煙の中国人
セブチのアルバム販売1千万枚超えか
NATURE出身のハルが手紙で謝罪
年収1100万円超の動画配信者増加
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
BTSジン パリで五輪聖火リレー
尹大統領の支持率がやや上昇
KARAギュリ骨折で活動中断
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
行方不明の配達員が結局遺体で発見
24.07.12
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
数百年に一度の豪雨が毎年発生
24.07.12
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]