韓国旅行「コネスト」 シネコン最大手CGVが4月から値上げ コロナ下で3回目=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

シネコン最大手CGVが4月から値上げ コロナ下で3回目=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国の複合映画館(シネコン)最大手、CGVは25日、映画の鑑賞料金を4月1日から1000~5000ウォン(約100~500円)引き上げると発表した。映画館は新型コロナウイルス禍で観客が急減し、厳しい経営が続いている。感染拡大後の2年余りの間で、これが3回目の値上げとなる。

一般の通常鑑賞料金(2D)は1000ウォン上がり、平日は1万4000ウォン、週末は1万5000ウォンとなる。大スクリーンのIMAXや体験型の4DXといった特別鑑賞料金は2000ウォン、特別シートやサービスなどを備えた高級館は5000ウォン、それぞれ値上げする。

 軍人・警察・消防公務員や障害者、国家功労者などの優待料金は変動なし。

 CGV側は「新型コロナの感染が拡大して以降、赤字が累積し、経営危機が深刻化している。制作から投資、配給まで、映画産業全体はこれ以上持ちこたえる力がなく、生き残るためにやむなく料金を引き上げることになった」と説明した。

 主要シネコンは新型コロナ禍1年目だった20年の10~11月に続き、21年4~6月にも値上げに踏み切っている。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年03月25日 11:36
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
ジェニー、ジョングク米チャートイン
復帰期限迫るも研修医の離脱者減らず
韓国の少子化加速で出生率0.72
1月の訪韓外国人客が前年2倍に
映画「破墓」動員数300万人突破
ル セラフィム新譜が売上100万枚
サムスン新型スマホ100万台突破
クーパン2023年通期で初の黒字化
医療現場の混乱に「法的対応」本格化
韓国アイドルの髪の毛オークションに
週間アクセスランキング
俳優チョ・インソン詐欺に注意
24.02.22
TWICEミナが投票1位
24.02.23
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
24.02.22
医療混乱、警戒レベル「深刻」発令
24.02.23
ロッテグループ日本でヘルスケア事業
24.02.22
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]