ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 21年の婚姻件数19.3万件で過去最低 10年前の約6割=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

21年の婚姻件数19.3万件で過去最低 10年前の約6割=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国統計庁が17日発表した統計によると、2021年の婚姻件数は前年比9.8%減の19万3000件で、1970年の統計開始以来で最低となった。

婚姻件数は、10年前の2011年には32万9000件だったが、12年から10年連続で前年比減少した。16年は28万2000件と20万件台に減り、それから5年で10万件台に落ち込んだ。

前年比の減少率は16年が7.0%、17年が6.1%、18年が2.6%、19年が7.2%、20年が10.7%。21年の婚姻件数は10年前の約6割にとどまる。

統計庁はここ数年の婚姻の大幅減について、「婚姻の多い年齢層である30代の人口減少、未婚男女の結婚に対する価値観の変化、新型コロナウイルスの影響による結婚延期、国際結婚の減少」が理由だと説明。韓国では結婚を前提に、あるいは結婚してから子どもを産む傾向が強いため、婚姻件数の減少は今後の出生数を下押しする可能性があるとの見方を示した。

21年の平均初婚年齢は、男性が前年比0.1歳上昇の33.4歳、女性は0.3歳上がった31.1歳だった。10年前に比べると男性は1.5歳、女性は1.9歳、それぞれ上がった。

ソウル市では男性33.9歳、女性31.9歳と全国平均を上回った。

また、女性の年齢別の婚姻率(当該年齢の人口1000人当たりの婚姻件数)は30代前半が40.8、20代後半が38.2、30代後半が13.8の順で高かった。晩婚化が進み、21年は初めて30代前半の婚姻率が20代後半を上回った。

男性の年齢別の婚姻率は30代前半が42.1、20代後半が22.0、30代後半が19.5だった。07年までは20代後半が最も高かったが、08年以降は30代前半に変わっている。

一方、21年の離婚件数は10万2000件で前年比4.5%減少した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年03月17日 15:09
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
マスク大多数の市民が外さず感染者減
ビルボード1位TXT ファンに感謝
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]