韓国旅行「コネスト」 OECD、韓国の今年の成長率を下方修正。韓国の政治ニュース
KONEST

OECD、韓国の今年の成長率を下方修正

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
経済協力開発機構(OECD)が住宅価格下落と消費委縮を韓国経済の危険要因に挙げた。 住宅価格の下落で富が減り、家計負債が増え、消費が減少する可能性があるということだ。

またOECDは、これまで大きく上昇した住宅価格を安定させるためには、民間部門の供給を増やさなければならない、と勧告した。 これは最近、税金と各種規制中心の不動産政策に効果が表れていないことを指摘したものとみられる。

OECDは24日(現地時間)、フランス・パリで発表した「07年上半期世界経済展望」で、このように指摘した。 情報技術(IT)投資の拡大と他のアジア国家との貿易拡大、米国と締結した自由貿易協定(FTA)は韓国経済成長のプラス要因として作用する、と分析した。 通貨政策は物価安定に重点を置く必要があると、OECDは指摘した。

今年の韓国の国内総生産(GDP)成長率は4.3%と予想した。 これは昨年11月の予想値に比べ0.1ポイント低い。 ただ、08年成長予想値は昨年(4.6%)よりやや高い4.8%と展望した。 最近、原油価格と為替レートが安定しているうえ、企業投資が増えるなど、成長の勢いが拡散しているということだ。 輸出は2けた増加率が続くが、経常収支はサービス収支の悪化で今年は小幅赤字に転換すると予想された。

OECD全体では今年2.7%の成長が見込まれている。 これは昨年下半期の予想(2.5%)よりやや高い数値。 米国の経済失速にもかかわらず、中国・インドなど新興国家の成長が著しいという理由からだ。

米国は今年の当初の予想値よりやや低い2.1%にとどまるが、来年は2.5%成長すると予想され、日本は上昇の勢いが続いて2.4%成長すると予想された。 最近成長の勢いが見られるドイツ・フランスなどユーロゾーン(ユーロ使用地域)は今年2.7%成長するが、来年は成長の勢い(2.3%)がやや鈍る見通しだ。

原油価格の上昇と米国住宅景気の沈滞は依然として世界経済の不安要因になると予想された。

廉泰正(ヨム・テジョン)記者
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2007年05月25日 16:37
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
「社会的距離」草案4段階に簡素化へ
韓国の新規コロナ感染者418人
ホン・サンス監督ベルリン脚本賞受賞
電車でハンバーガー食べた女性を立件
ソウル五輪主題歌歌手 がんで死去
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
出入国・外国人管理機関訪問予約制に
ワクチン副反応が新たに860件
BTSグローバル・アーティスト1位
ワクチンCOVAXから105万人分
週間アクセスランキング
キ・ソンヨン性暴行疑惑を正面突破
21.02.28
韓日結ぶ旅客船会社が倒産危機
21.03.02
コロナ時代「住みやすい国」韓国8位
21.03.01
ドラマ「宮」 15年ぶりリメイクへ
21.03.05
コロナ終わった?3連休で各地賑わう
21.03.02
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]