ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 K―POP旋風でOST・雑誌も販売急増 ペンライトなど公演関連は急減。韓国の芸能ニュース
KONEST

K―POP旋風でOST・雑誌も販売急増 ペンライトなど公演関連は急減

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】K―POP市場がこれまでにない好況期を迎え、オリジナル・サウンドトラック(OST)や雑誌など関連商品の売上高も大きく増加したものの、新型コロナウイルス感染拡大が長期化している影響で、コンサート会場で使用するペンライトなど関連グッズの売上高が急減したことが20日、分かった。

韓国アーティストのアルバムやグッズを扱う通販サイト「KTOWN4U」が独自に実施した調査によると、ドラマや映画のOSTアルバムの販売枚数は2019年の2624枚から20年には8784枚に、21年には2万8939枚に増加した。

 これらの商品の売上高も19年の3948万ウォン(約381万円)から21年は4億8064万ウォンに増えた。

 韓国アーティストが登場する雑誌の売上高も19年の4億5964万ウォンから21年は40億5672万ウォンに増加した。また海外のファンが同サイトを通じて出す屋外広告の売り上げも20年の386万ウォンから21年は1億5071万ウォンに急増した。

 同サイトは「韓流ドラマや映画が世界で流行するだけでなく、有名歌手が参加するOSTアルバムが増えたことでOSTの販売が増加した」と説明した。

 韓国音楽コンテンツ協会が運営する音楽チャート「ガオンチャート」の1~400位のアルバム販売枚数は、21年に5709万枚を記録し、前年比36.9%増加した。K-POP関連アルバムの輸出額も2億2083万6000ドル(約254億円)となり62.1%増加した。

 一方、同サイトによると、応援用ペンライトの販売量は19年の7万3135個から20年は8万8459個に増えたが、コロナ禍の長期化により、21年は1万5971個に減少した。

 売上高も19年の23億3958万ウォンから20年は26億3207万ウォンに増加したが、21年は5億422万ウォンに減った。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年02月20日 07:00
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国最大野党代表 都市開発疑惑否認
新規コロナ感染者18,871人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]