ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 北京五輪出場のショートトラック3選手 兵役特例制度の対象に。韓国のスポーツニュース
KONEST

北京五輪出場のショートトラック3選手 兵役特例制度の対象に

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
北京冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子韓国代表5人のうち、李俊瑞(イ・ジュンソ)、朴章ヒョク(パク・ジャンヒョク)、金東ウク(キム・ドンウク)が兵役特例制度の対象となった。

現行の兵役法によると、五輪3位以上の入賞者とアジア大会1位の入賞者は体育要員として代替服務が認められる。対象者は544時間のボランティア活動を行う義務があるが、3週間の基礎軍事訓練を受けた後、服務期間に定められている34カ月間を現役選手として活動できる。

今大会出場選手の中から兵役特例対象者が出たのは初めて。韓国は16日に行われたショートトラック男子5000メートルリレーの決勝で銀メダルを獲得。李、朴、金の3人が特例の対象になった。

ショートトラック男子1500メートルで今大会韓国勢初の金メダルに輝いた黄大憲(ファン・デホン)は前回平昌大会での銀メダル獲得(男子500メートル)で既に特例対象者となっている。ショートトラック韓国代表の年長者で、4日の開会式で韓国選手団の旗手も務めた郭潤起(クァク・ユンギ)は2010年バンクーバー大会の男子5000メートルリレーの銀メダリストで、同制度により兵役の義務を終えた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2022年02月17日 13:53
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
「契約金支給」シム・ウナ復帰説
韓国・現代建設 日本の碩学迎え強化
BTS 米キッズ・アワード候補に
ソウルタクシー 今日から料金値上げ
韓国の汚職清潔度31位 日本18位
ソン・ジュンギも、多文化家庭の恩恵
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]