韓国旅行「コネスト」 日韓の「あんバター」ブーム。韓国の旅行ニュース
KONEST

日韓の「あんバター」ブーム

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「cafe onion(カフェ・オニオン)」で販売している「BREAD 05」の「あんバターサンド」
「cafe onion(カフェ・オニオン)」で販売している「BREAD 05」の「あんバターサンド」
日本でブームが到来している「あんバター」。あんバターは、日本の名古屋の喫茶店「満つ葉」が、1921年に始めた「小倉トースト」にルーツがあるとされ、昭和30年代には名古屋を中心とした東海エリアに浸透していたと伝えられている。

その後、名古屋発のカフェチェーン店「コメダ珈琲」が2016年から2017年にかけて、全国に支店をオープンさせながら「小倉トースト」も全国に広がっていった、とされている。

そのようにして日本各地に広まっていった「あんバター」に注目した韓国のベーカリーカフェが、「あんバターサンド」を販売したところ美味しいと評判に。そうして韓国のカフェでは、2018年から2019年頃にかけて「あんバターサンド」ブームが起こり、「あんバターサンド」、「あんバタートースト」はもちろんのこと、「あんバターマカロン」「あんバター餅」といったユニークな変わり種まで登場した。

韓国では古くから、餡子(あんこ)の原材料になる小豆が様々な料理に用いられていて、冬至に厄除けとして食べる「小豆粥(パッチュッ)」や「あずきの手打ち麺(パッカルグクス)」が有名。デザートにも用いられ「おしるこ(タンパッチュッ)」や「パッピンス(あずきかき氷)」、「くるみ饅頭(ホドゥクァジャ)」などが挙げられる。あずきやあんこが身近な存在だった韓国で、日本の「あんバター」が流行るのは自然な流れだったのかもしれない。

そして今ふたたび、日本でも「あんバター」が流行し、韓国にはない日本独自の商品も登場しているというので、日本と韓国のあんバター商品を見比べてみるのも面白いだろう。「美味しく食べればゼロカロリー」という話もあるが、いかんせん高カロリーなので、健康面に気を付けながらじっくりと味わってもらいたい。
「SEOUL COFFEE(ソウルコーヒー)」のあんバター食パン、左は牛乳食パン、右はイカ墨食パン
「SEOUL COFFEE(ソウルコーヒー)」のあんバター食パン、左は牛乳食パン、右はイカ墨食パン
「南城四季市場(ナムソンサゲシジャン)」内にある伝統餅店「民俗トッチッ」の「あんバター餅」
「南城四季市場(ナムソンサゲシジャン)」内にある伝統餅店「民俗トッチッ」の「あんバター餅」
COPYRIGHTⓒ konest  2022年01月25日 15:07
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
1世帯当たり平均資産初めて減少
BLACKPINKと村上隆がコラボ
高麗時代の螺鈿箱、特別展始まる
BTSジン誕生日に祝福メッセージ
尹大統領、米NYタイムズに選出
イ・ヨンエ新ドラマに「自信ある」
ブイとジェニーが破局
セブンティーン 日本でイベント開催
BLACKPINK YGで活動継続
YGエンタ株が急騰=韓国
週間アクセスランキング
深夜に弘大~東大門自動運転バス運行
23.12.04
景福宮駅で事故、2人が病院に搬送
23.12.04
外国人客向けタクシー配車アプリ登場
23.12.04
トコジラミ「完全駆除は不可」=韓国
23.12.06
高級ホテルのクリスマスケーキが高騰
23.12.01
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]