韓国旅行「コネスト」 今年の美術品競売 落札額トップ10に草間彌生5点・李禹煥2点=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

今年の美術品競売 落札額トップ10に草間彌生5点・李禹煥2点=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】活況を呈した今年の韓国美術品オークション市場で、日本の前衛芸術家の草間彌生と韓国出身の現代美術家の李禹煥(イ・ウファン)が絶対的な存在感を誇った。

韓国美術市価鑑定協会によると、ソウルオークション、Kオークションをはじめとする国内競売会社8社のオークション実績を分析した結果、2021年の国内美術品オークション市場の落札総額はおよそ3294億ウォン(約320億円)で、前年の約3倍だった。出品作は計3万2955点、落札作は2万2235点で、落札率は67.5%だった。

 落札総額が最も大きかったのは昨年に続き李禹煥の作品で、約395億ウォン。今年は出品作507点のうち414点が落札された。

 2位は草間彌生の作品で約365億ウォン。出品作238点のうち199点が落札された。李禹煥と草間彌生の作品の販売額が落札総額の約23%を占めた。

 最高落札額を記録したのは、昨年に続き今年も草間彌生の作品だった。かぼちゃをモチーフにした1981年の作品が54億5000万ウォンで落札された。落札額のトップ10に草間彌生の作品が5点、李禹煥の作品が2点入った。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年12月31日 16:46
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
BTSジン パリで五輪聖火リレー
尹大統領の支持率がやや上昇
韓国政府「政治的暴力を糾弾」
上半期の国際線利用者が急増
KARAギュリ骨折で活動中断
韓国、最低賃金1万ウォン超える
英男子グループKポ式訓練 BBCで
昌徳宮「薬房」を17日から開放
ガソリン価格が3週連続上昇
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
行方不明の配達員が結局遺体で発見
24.07.12
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
ヒョナ&ヨン・ジュンヒョンが結婚か
24.07.08
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]