ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ファイザーのコロナ飲み薬 早ければ来月中旬に導入へ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ファイザーのコロナ飲み薬 早ければ来月中旬に導入へ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国疾病管理庁は27日、米製薬大手ファイザーの新型コロナウイルス感染症経口治療薬(飲み薬)「パクスロビド」の導入計画を発表し、早ければ来月中旬に国内に導入されると明らかにした。

また、政府は100万4000人分の飲み薬の購入契約を推進する。これまでに米製薬大手メルクと24万2000人分、ファイザーと36万2000人分の計60万4000人分の購入契約を締結した。

政府は新型コロナの新たな変異株「オミクロン株」の拡大と新たな防疫体制「段階的な日常生活の回復(ウィズコロナ)」への転換に備え、これとは別に40万人分の追加購入を予定している。追加分については来年1月初めに契約を結ぶ計画だ。

食品医薬品安全処はこの日、パクスロビドの緊急使用承認を決定した。これにより、韓国ではファイザーの飲み薬が先に使用される。

パクスロビドは政府がファイザーから購入して国内の病院、薬局などに供給し、保健所と地方自治体が在宅治療(自宅療養)者、軽症者向け施設の生活治療センターの入所者などに服用させる方式で使用される。必要時には病院の入院患者にも使用できるようにする予定だ。

中央防疫対策本部のイ・サンウォン疫学調査分析団長は会見で、パクスロビドの重症化予防効果は88~89%程度だとしながら、飲み薬とともに国産の抗体治療薬も積極的に活用することで高齢者や基礎疾患のある高リスク群の軽症・中等症患者の入院や死亡を減らし、医療・防疫システム維持に寄与することが期待されると説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年12月27日 17:02
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
大韓航空 22年通期は過去最高
役員も「さん」付け 水平文化目指す
対馬の盗難仏像 日本への返還命じる
「スラムダンク」再版 60万部突破
「契約金支給」シム・ウナ復帰説
韓国・現代建設 日本の碩学迎え強化
BTS 米キッズ・アワード候補に
ソウルタクシー 今日から料金値上げ
韓国の汚職清潔度31位 日本18位
ソン・ジュンギも、多文化家庭の恩恵
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
23.01.31
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]