韓国旅行「コネスト」 韓国中壮年層、所得3.8%上昇すると借金は7.1%増えた。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国中壮年層、所得3.8%上昇すると借金は7.1%増えた

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
昨年の韓国中壮年層の借金が所得を上回る速度で増えたことが分かった。中壮年層の借入金残高の中央値は初めて5000万ウォン(約477万円)を超えた。

韓国統計庁が21日に発表した「2020年中壮年層行政統計結果」をみると、満40~64歳の中壮年層の昨年の平均所得は1年前(3555万ウォン)に比べて3.8%増となる3692万ウォンだった。昨年基準で、中壮年層は全体人口の40.1%を占める2008万6000人だ。

年齢帯別にみると40代後半の平均所得が4044万ウォンで最も多かった。その後、50代から年齢が上昇するほど平均所得は減少する傾向を示した。

昨年基準で、金融圏に借入が残っている中壮年は全体の56.5%だった。彼らの借入金残高の中央値は5200万ウォンで、前年(4856万ウォン)よりも7.1%増加した。

所得と違って借入は40代初めが6300万ウォンで最も多かった。その後、年齢が上昇するほど借入金残高が減少した。昨年、住宅所有者の借入金残高の中央値は9840万ウォンで、家を持っていない人(2780万ウォン)より3.5倍多かった。

昨年、家を持っている中壮年の人口は866万7000人で、全体の43.1%を占めた。前年に比べて0.6%増加した。住宅を1軒だけ所有している人は全体の35.4%だった。7.8%は2軒以上所有していた。

自営業者などを含めた非賃金勤労者の持家率は51.3%で、賃金勤労者(47.7%)より高かった。年齢帯別では60代初めの持家率が45.5%で最も高かった。

昨年の中壮年層登録就業者は全体中壮年層人口の64.9%で、前年比1.1%ポイント増加した。特に賃金勤労者の中では公共行政(18.3%)、専門・科学技術サービス業(8.4%)で雇用が増加し、宿泊・飲食業(-9.4%)などでは減少した。

統計庁関係者は「50・60代の場合、政府雇用事業の影響を受ける分野で雇用が増加する傾向が目立つ」とし「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による対面サービス業種の不振を中壮年層も避けることができなかった」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年12月21日 15:46
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
光化門広場に国家象徴空間造成へ
韓国与党内で「核武装論」浮上
釜山モビリティーショーが28日開幕
韓服と現代の洒落を融合 新しい韓国
ジェジュンが7年ぶりドラマ出演
NewJeans 東京でファンミ
半導体復活の日本とどう手を組むか…
NewJeans 刃物切りつけ予告
北朝鮮 再び韓国へ「汚物風船」散布
電池工場で火災 死者20人を超える
週間アクセスランキング
マックフライドポテト販売を一時中断
24.06.20
日本人女性雇用、売春斡旋犯人を拘束
24.06.20
パク・セリ父問題 孫興慜父に再照明
24.06.20
キム・ウビン、シン・ミナがデート
24.06.19
韓日往来の観光客数が歴代最多を記録
24.06.21
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]