ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国中壮年層、所得3.8%上昇すると借金は7.1%増えた。韓国の経済ニュース
KONEST

韓国中壮年層、所得3.8%上昇すると借金は7.1%増えた

お気に入りに追加 (登録者 : 1人)  印刷する
昨年の韓国中壮年層の借金が所得を上回る速度で増えたことが分かった。中壮年層の借入金残高の中央値は初めて5000万ウォン(約477万円)を超えた。

韓国統計庁が21日に発表した「2020年中壮年層行政統計結果」をみると、満40~64歳の中壮年層の昨年の平均所得は1年前(3555万ウォン)に比べて3.8%増となる3692万ウォンだった。昨年基準で、中壮年層は全体人口の40.1%を占める2008万6000人だ。

年齢帯別にみると40代後半の平均所得が4044万ウォンで最も多かった。その後、50代から年齢が上昇するほど平均所得は減少する傾向を示した。

昨年基準で、金融圏に借入が残っている中壮年は全体の56.5%だった。彼らの借入金残高の中央値は5200万ウォンで、前年(4856万ウォン)よりも7.1%増加した。

所得と違って借入は40代初めが6300万ウォンで最も多かった。その後、年齢が上昇するほど借入金残高が減少した。昨年、住宅所有者の借入金残高の中央値は9840万ウォンで、家を持っていない人(2780万ウォン)より3.5倍多かった。

昨年、家を持っている中壮年の人口は866万7000人で、全体の43.1%を占めた。前年に比べて0.6%増加した。住宅を1軒だけ所有している人は全体の35.4%だった。7.8%は2軒以上所有していた。

自営業者などを含めた非賃金勤労者の持家率は51.3%で、賃金勤労者(47.7%)より高かった。年齢帯別では60代初めの持家率が45.5%で最も高かった。

昨年の中壮年層登録就業者は全体中壮年層人口の64.9%で、前年比1.1%ポイント増加した。特に賃金勤労者の中では公共行政(18.3%)、専門・科学技術サービス業(8.4%)で雇用が増加し、宿泊・飲食業(-9.4%)などでは減少した。

統計庁関係者は「50・60代の場合、政府雇用事業の影響を受ける分野で雇用が増加する傾向が目立つ」とし「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)による対面サービス業種の不振を中壮年層も避けることができなかった」と説明した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年12月21日 15:46
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国最大野党代表 都市開発疑惑否認
新規コロナ感染者18,871人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]