韓国旅行「コネスト」 韓国語能力試験 来年は6回実施=初のネットスピーキング評価も。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国語能力試験 来年は6回実施=初のネットスピーキング評価も

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
韓国教育部は28日、在外同胞と外国人を対象とする韓国語検定、韓国語能力試験(TOPIK)の実施計画を発表した。

 来年の試験は計6回実施され、このうち3回は海外でも行われる。また、今年下半期と来年上半期の模擬試験を経て、来年11月19日にはIBT(インターネットを使ったテスト形式)によるスピーキング評価が初めて実施される。2023年からはスピーキング評価の試験回数を増やす方針だ。スピーキング評価の初回は韓国のみで実施される。

 韓国語能力試験の出願者は17年に70カ国・地域の29万638人、18年に76カ国・地域の32万9224人、19年に83カ国・地域の37万5871人と増加が続いたが、新型コロナウイルスの影響で昨年は42カ国・地域の21万8869人、今年は75カ国・地域の33万12人にとどまった。

 出願者数は新型コロナの影響で一時的に減少した昨年と今年を除いて毎年大幅に増加しており、教育部は少なくとも1カ月に1回以上の受験機会が与えられるよう、IBT導入を決めた。

 兪銀恵(ユ・ウンヘ)社会副首相兼教育部長官は「来年の韓国語能力試験が安定的に実施されるよう、徹底して準備する予定だ」としながら、「来年下半期に導入予定のスピーキング評価が滞りなく実施されるよう最善を尽くす」と述べた。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年10月28日 14:11
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
「白峰韓半島文化賞」に板垣竜太氏
BTSジミン 「MUSE」リリース
出生自動登録 身元隠し出産も保護へ
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
24.07.15
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]