ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 「60年で初めて…」漢江で「金のウナギ」を捕獲。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

「60年で初めて…」漢江で「金のウナギ」を捕獲

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
京畿道高陽市(キョンギド・コヤンシ)にある漢江(ハンガン)の幸州(ヘンジュ)船着場に停泊していた漁船で貴重魚種である金のウナギが公開された。最近高陽市の漢江で捕獲されたこのウナギは、体が金色で大きな黒い斑点がある。

パク・チャンス元幸州漁村契長(63)は5日、「1日午前9時30分ごろに金浦(キンポ)大橋上流側の漢江で捕まえたウナギを4日後のこの日に公開した。秋の『下りうなぎ』の操業をしている間にウナギ網で捕獲した」と話した。

金のウナギは長さ55センチメートルで重さ500グラムとウナギの中では大きい方だ。秋に産卵のため川から海に向かう時に捕まえたウナギなので「下りうなぎ」と呼ぶ。反対に春に海から淡水に上がってくる時に捕まえたウナギは「上りウナギ」と呼ぶ。

パクさんとともに操業に出た漁師のキム・スンホさん(73)は「60年近く漢江で魚を獲っているが、こんな珍しいウナギは初めて見た。金が福と財を象徴するだけに、金のウナギもまた吉兆だろう」と話した。

これに先立ち金のウナギは2017年7月に忠清南道青陽(チュンチョンナムド・チョンヤン)の錦江(クムガン)の支流でも捕獲されたことがある。当時忠清南道内水面研究所は突然変異種と推定した。幸州漁村契の漁師シム・ファシクさんは「ひとまず突然変異種と推定されるが漢江下流の汚染による異常現象かもしれない」と話した。

高陽文化院のイ・ウンマン院長は「金のウナギは平和と富を意味するめでたい魚種。高陽市に来た幸運であり、瑞気(めでたい兆し)と考えて保存しなければならない」と話した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年10月06日 07:47
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]