ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ダルゴナ・生ラーメンが第2のチャパグリ?…「イカゲームブーム」に加わった韓国食品。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ダルゴナ・生ラーメンが第2のチャパグリ?…「イカゲームブーム」に加わった韓国食品

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ネットフリックスのドラマ『イカゲーム』が世界的にブームを起こしたことから、劇中に登場した小道具も話題になっている。ダルゴナ(カルメ焼き)型抜きや生ラーメンのような思い出の食べ物からビー玉、めんこなど韓国の子供の遊びを体験しようとする消費者が国内外を問わず増えている。

28日、オンラインショッピングモール「オークション」によると、ビー玉とめんこのセットは『イカゲーム』配信後の9月17日から27日まで、先月同期間(8月17~27日)と比べて、それぞれ277%、7%増加した。同期間、ダルゴナ作りセットの売上高も277%上昇した。

出演者が着た衣装も人気だ。イカゲーム参加者が着たジャージは売上が130%、進行要員が着用したマスクは350%増加した。また、別のショッピングモール「Gマーケット」でもイカゲーム・ウェアとマスクは、それぞれ114%、500%販売が急増した。

Gマーケット関係者は「イカゲームの人気でコンテンツに登場するダルゴナ作りセットやめんこ、ビー玉などの商品が共に人気を集めている」とし「イカゲームというキーワードが含まれる衣装やマスクなどの小物の販売も急激な増加傾向にある」と説明した。

◆海外ファン、生で食べるラーメンに好奇心

海外では、調理せずに食べる生ラーメンが奇抜な食品として話題を集めている。『イカゲーム』で主人公ソン・ギフン(イ・ジョンジェ扮)はオ・イルナム(オ・ヨンス扮)に会い、コンビニの前で焼酎を飲むが、この時のおつまみとして三養(サムヤン)ラーメンを調理せず、そのまま砕いて食べる。この様子を見た海外の視聴者は、ラーメンを調理せずにお菓子のように食べる食べ方に好奇心を見せている。

このため、PPL(間接広告)契約を結んでいないにも関わらず、ドラマに登場して反射利益を享受した三養ラーメンは慌てて関連マーケティングを準備している。三養食品の関係者は「制作会社と契約を結んでないため、作品に登場したという事実を後から知った」とし「ユーチューブチャンネルなどで三養ラーメンと関連したコンテンツを公開する」と述べた。

一方、農心(ノンシム)はイカという共通点を持つイカチャンポンで早々に先手を打った。映画『パラサイト 半地下の家族』公開当時、タヌキ(ノグリ、袋麺の商品名)が登場するパロディポスターなどで奇抜なマーケティングを披露した農心は今回もイカゲームをパロディしたポスターを公開した。ポスターには、イ・ジョンジェの番号である456番を利用して商品名と絡めて「4(サ、サリコムタン)、5〔オ、イカ(オジンオ)チャンポン〕、6(ユク、ユッケジャンラーメン)杯」というウィットのあるフレーズも記した。

◆ダルゴナ型抜き・洋銀弁当など話題

海外の視聴者が特に熱狂しているのは、ダルゴナ型抜きセットだ。主人公ソン・ギフンがゲームに合格するためにダルゴナを舐めるシーンを見て、どのような味のお菓子なのか気になる消費者が急増したためだ。すでに各国のユーチューバーはダルゴナを作る動画を公開している。

米国eコマースプラットフォームeBayでダルゴナ作りセットは、23.99ドル(約2680円)で販売されている。海外から直輸入した場合、送料を含めて約55.71ドルだ。国内で約5000ウォン(約470円)~1万ウォンで販売されているものと比べると高価だが、販売量が増え続けている。型抜きは星やハート、宇宙船など、様々な絵の枠で構成されている。

イカゲーム参加者に食事の際に配られた洋銀弁当セットも35.70ドルで販売されている。出演者が着ていたTシャツなども40ドル台で売られている。特に主人公イ・ジョンジェの番号だった456番のTシャツの人気が最も高い。

◆ネットフリックスの創業者も着た緑色のジャージ

流通業界では、ハロウィンデー(10月31日)にイカゲーム関連の小道具が世界的に人気を集めるものと予想した。ネットフリックスの最高経営責任者(CEO)リード・ヘイスティングス氏は『イカゲーム』の緑色のジャージを着た写真をインスタグラムに投稿し、自身を「457番の参加者」と紹介した。

流通業界の関係者は、「ゲームの進行要員が着用した仮面やピンクの衣装への関心が多い」とし「コロナ時代に最適なハロウィン・コスチュームという冗談も言われている」と話した。

韓国の伝統的な遊びのめんこ、ムクゲの花が咲きました(だるまさんが転んだのような遊び)に関連する動画もユーチューブやティックトックなどで拡散されるなど、韓国の伝統文化への関心はますます高まっている。

流通業界の関係者は、「映画『パラサイト 半地下の家族』が原因で『チャパグリ(インスタント袋麺チャパゲティとノグリをミックスしたもの)』が紹介され、農心のグローバル売上が大きく増加した」とし「『イカゲーム』の爆発的な人気で韓国の食べ物や伝統文化と関するコンテンツの売上も大幅に増加するなど、食品・ファッション・玩具など多様な産業分野での肯定的な効果として作用するだろう」との見方を示した。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年09月29日 10:11
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
HYBEが、AI企業を買収
俳優ソン・ジュンギ梨泰院豪邸に新居
マスク義務解除初日 顔に慣れない
トゥワイスK-POP初 米で受賞へ
ル セラフィム 日本オリコン1位
「東洋人初」シャネルの韓国人モデル
ジンエアーが四半期ベースで黒字に
BTS「IDOL」日本プラチナ達成
マスク着用完全解除「5月ごろ」か
2月からタクシー初乗り料金値上げ
週間アクセスランキング
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
俳優ソン・ジュンギ 再婚・妊娠発表
23.01.30
ソウルなど首都圏に大雪注意報
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]