安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 韓国検察 開発事業巡る捜査に着手=大統領選有力候補は関与否定。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国検察 開発事業巡る捜査に着手=大統領選有力候補は関与否定

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国検察がソウル近郊の京畿道城南市の大庄洞開発事業を巡る疑惑の捜査に着手した。同事業は与党「共に民主党」所属で、来年3月の大統領選の有力候補である李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事が城南市長だった時期に行われ、野党などは李氏が関与した疑惑があるとして攻勢を強めている。李氏は疑惑を強く否定している。

大庄洞事業は大庄洞の27万8000坪の土地に5903世帯の共同住宅などを建設することを柱とする事業で、約1兆5000億ウォン(約1406億円)が投じられたプロジェクト。資産管理会社「火天大有資産管理」は同事業を実施するための特殊法人の株主であり、5000万ウォンを出資して3年間577億ウォンの配当金を受けた。

 ソウル中央地検は23日、李氏陣営が最大野党「国民の力」の金起ヒョン(キム・ギヒョン)院内代表ら3人を公職選挙法違反などの疑いで告発した事件の捜査に着手した。李氏陣営は19日、「金院内代表などが李候補の当選を妨害することを目的に、大庄洞開発事業に関連した虚偽事実を繰り返し公表した」とし、ソウル中央地検に告発状を提出していた。

 李氏陣営は金氏が16日に国会で行った記者会見で、「大庄洞開発事業を企画したユ・ドンギュ前城南都市開発公社企画本部長が京畿観光公社社長として栄転し、李在明陣営で活動中」と言及したのは明白な虚偽事実と主張した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年09月24日 21:04
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
自動車生産 リーマン以来「低水準」
コロナ新規感染者1,420人 
ペット92匹が新型コロナ感染
韓国、昨日は半袖今日はダウン
釜山国際映画祭が閉幕
ユニクロ 韓国で黒字転換
V、財閥家の娘との熱愛説にコメント
JIN ソロ曲MVが再生1億回突破
ウィズコロナ来月開始来年4月完了か
集まり制限緩和 首都圏は18日から
週間アクセスランキング
キム・ジェウク KBS新ドラマ出演
21.10.12
V、財閥家の娘との熱愛説にコメント
21.10.15
ユニクロ 韓国で黒字転換
21.10.15
与党の大統領候補に女優が落選運動
21.10.13
特別旅行注意報を再延長
21.10.13
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]