韓国旅行「コネスト」 配膳ロボットの導入が進む韓国外食産業。韓国の経済ニュース
KONEST

配膳ロボットの導入が進む韓国外食産業

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
「配達の民族」の配膳ロボット
「配達の民族」の配膳ロボット
日本でも導入が進んでいる「配膳ロボット」。韓国の外食産業においても導入が進み、様々な食堂・レストランで見る機会が増えてきた。

韓国語では「サービング・ロボット」と呼び、メーカーにより形状・レンタル料などが異なるが、平均して1台・月50万ウォン程度で導入できるとされている。「配膳ロボット」で料理が運ばれてきた場合、料理を受け取った後、画面の確認ボタンを押せば、配膳ロボットは再び、厨房付近の指定の場所へと戻る仕組みになっているロボットが多く、誰でも簡単に操作できる。

導入する店舗の多くは、配膳はもちろん下膳にも活用できる点にメリットを感じている。料理を運ぶ時間や下げる時間を、接客や片付け・セッティングに回すことで、不慮の事故を防ぎ、業務効率が上がる。特にピークタイムでは座席回転率の向上を目指している。

昨今の新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ面でも、スタッフと顧客間の対面接客が減るという利点があり、店側・顧客側双方に受け入れられやすい環境になっているのも、配膳ロボットメーカーに追い風となっている。
COPYRIGHTⓒ konest  2021年09月08日 16:24
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中東情勢緊迫化でウォン安進行
ILLITデビュー曲がビルボードに
日韓親善協会中央会 新会長に元議員
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
観光客を雇用して売春業 韓国人立件
尹大統領 総選挙敗北受け、立場表明
青瓦台ホームページ 日本語版も新設
「海苔ではなく金」海苔価格が急上昇
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
釜山市が京都府と交流活性化を協議
BTSジョングク愛犬のインスタ開設
週間アクセスランキング
邦人YouTuber韓国でロト当選
24.04.10
aespaウィンター活動休止
24.04.12
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
尹大統領が総選挙敗北受け立場表明
24.04.12
NewJeansヘイン 活動休止
24.04.11
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]