ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 韓国大統領府「メディア懲罰法案」に沈黙 与党の採決強行には懸念。韓国の政治ニュース
KONEST

韓国大統領府「メディア懲罰法案」に沈黙 与党の採決強行には懸念

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)内部で、メディアに対する懲罰的な損害賠償を可能にする「言論仲裁法」改正案の与党「共に民主党」による国会採決強行に懸念の声が上がっていることが、27日分かった。

言論仲裁法の改正案はメディアの故意・重過失による虚偽・ねつ造報道に対し、損害賠償を請求できると定めている。これに対し、最大野党「国民の力」などは権力維持を目的とした言論封殺だとして強く反対している。

 青瓦台はこれまでこの問題に対して「国会で議論する事案」として静観の構えを示していたが、与党単独での採決強行は文在寅(ムン・ジェイン)大統領の任期終盤の国政運営に負担になりかねないとして、水面下で慎重論が広がっている。

 青瓦台関係者は聯合ニュースの取材に対し、「法案の是非について青瓦台が言及するのは適切でない」としながらも、「通常国会が始まろうとしている時期にこの問題で国会が空転し、政局が混迷することが懸念されるのは事実だ」と述べた。

 別の関係者も「青瓦台としての立場はない」と距離を置きつつ、「昨日、共に民主党のワークショップで反対意見がかなり出たと聞いた。今後の議論を左右する可能性があるのではないか」と指摘した。

 青瓦台でのこうした動きは、非公式に与党議員らにも伝えられたという。

 あるメディアは、青瓦台の李哲熙(イ・チョルヒ)政務首席秘書官が前日に共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)代表と会い、青瓦台の立場を伝えたのではないかと報じた。

これに対し、青瓦台側は「李秘書官が共に民主党のワークショップを訪れ、あいさつを兼ねて宋代表と短時間会ったものであり、その場で言論仲裁法に関する話は出なかった」と説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年08月27日 11:32
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
中国人向け短期ビザ発給制限延長
ブラックピンク ギネス世界記録認定
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
韓国、昨年11月出生児数2万人割れ
東京で義人李秀賢さん22周忌追悼式
東方神起 来月誕生日パーティー開催
SHINeeオンユ 東京コンサート
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
昨年12月訪韓外国人日本人が最多
23.01.22
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]