ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ヒマラヤで遭難した韓国人登山家捜索の途中で22年前に行方不明になった韓国人遺体発見。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ヒマラヤで遭難した韓国人登山家捜索の途中で22年前に行方不明になった韓国人遺体発見

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
ヒマラヤ・ブロードピークで遭難したキム・ホンビン隊長を探す過程で、22年前に行方不明になった他の韓国人登山家の遺体が発見された。

26日、外交部当局者によると、ブロードピークでキム隊長を探していた他国の捜索隊が韓国人男性ホ氏の遺体を見つけた。

ホ氏(当時27歳)は1999年7月29日延世(ヨンセ)大学山岳部登頂隊所属で、ブロードピークを登って海抜7300メートル地点で登山をあきらめ下山していたところ、行方不明になった。

他の隊員は翌日、ホ氏が消えた事実に気付いて捜索作業に出たが、ホ氏の物品とみられる衣類など遺留品の一部だけを探した。

その後、2005年K2登頂のために訪問したパク・ヨンソク隊長がホ氏を含んでこの地域で亡くなった登山家2人を追悼する銅版をK2ベースキャンプにある追慕岩に付着したことがある。

ヒマラヤの険しい環境で行方不明になった遺体を22年という長い時間が過ぎた後に発見するのは非常に稀なことだ。

これに先立って、2009年9月直指遠征隊の一員としてヒマラヤ・ヒウンチュリの北壁を登って連絡が途絶えたミン・ジュンヨン、パク・ジョンソン隊員の遺体が10年が過ぎた2019年7月に発見された前例がある。だが、依然として多数の失踪者はヒマラヤに寝ついている。

ホ氏を追悼したパク・ヨンソク隊長も2011年10月、アンナプルナでコリアンルートを切り開いていたところ、行方不明になってついに探せなかった。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年07月27日 11:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
中国人へのビザ発給制限 早期解除を
未成年の酒接待 日本アニメ行政指導
日本人初 インスタ1000万人突破
孫興ミン「アジアバロンドール」受賞
韓国文化財登録の花瓶 日本製だった
外国人の「爆買い」復活へ=韓国
韓国大田市 清州~札幌間路線を提案
韓日関係 「過去に執着せず未来へ」
SMエンタ 創業者の体制転換
新韓銀行の頭取 就任1カ月で辞意
週間アクセスランキング
江南都心空港ターミナルが閉業
23.02.02
日韓市民がマスクを外さない理由
23.02.03
「イカゲーム」俳優わいせつ行為否認
23.02.03
4日にソウル各地でデモ 渋滞予想
23.02.03
SMエンタ プロデュース体制転換
23.02.03
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]