韓国旅行「コネスト」 韓国人の平均寿命83.3歳 自殺率はOECDトップ。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

韓国人の平均寿命83.3歳 自殺率はOECDトップ

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国保健福祉部は19日、経済協力開発機構(OECD)が発刊した「保健統計」の内容を分析した結果を発表した。韓国国民の平均寿命(2019年の出生児基準)は83.3歳で、OECD加盟国の平均より2.3年長く、平均寿命が最も長い日本(84.4歳)より1.1年短かった。今年の統計は、主に19年の数値を基準にOECD加盟国の保健医療水準などを比較したものだ。

10年前と比べると、韓国の平均寿命は3.3年延びた。

 性別でみると男性の平均寿命は80.3歳、女性は86.3歳だった。

 自殺死亡率はOECD加盟国で最も高かった。18年の韓国の自殺死亡率は人口10万人当たり24.7人で、OECD加盟国の平均(11.0人)の2倍以上だった。

 韓国の自殺死亡率は、09年の人口10万人当たり33.8人から17年には23.0人に減少したが、18年はやや増加した。

 幼児死亡率は出生児1000人当たり2.7人で、OECD平均(4.2人)より1.5人少なかった。

 19年の15歳以上の喫煙率は16.4%で、OECD平均(16.4%)と同水準だった。

 15歳以上の人口1人当たりの酒類消費量は年間8.3リットルで、OECD平均(8.8リットル)より少なかった。

 喫煙率と酒類消費量はともに、09年から10年連続で減少傾向を示している。

 韓国の臨床医師(韓国伝統医学の医師を含む)の数は人口1000人当たり2.5人で、OECD加盟国の平均(3.6人)に及ばなかった。

 これは日本と同水準で、韓国よりも医師数が少ない国はポーランド、メキシコのみだった。

 病床数は人口1000人当たり12.4床で、日本(12.8床)に続いて2番目に多く、OECD平均(4.4床)の約3倍だった。

 韓国の国民1人当たりの外来受診回数は年間17.2回で、OECD加盟国で最も多かった。OECD平均(6.8回)と比べて2.5倍に上る。患者1人当たりの平均入院日数は18.0日で、日本(27.3日)の次に長かった。

 国内総生産(GDP)に対する経常医療費支出規模は8.2%で、OECD平均(8.8%)より低かった。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年07月19日 14:17
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
未成年の飲酒 飲食店の処分を軽減
尹大統領、支持率23%で就任後最低
TWICEダヒョンチャート投票1位
韓国 プレミア12で日本と同じB組
韓国 6月のサミットに招かれず
国際結婚20代のベトナム人妻の本音
新型コロナ 病院もマスク義務解除
ココア価格の急騰で菓子など値上げへ
四月革命から64年 民主主義発展へ
映画「グエムル」の造形物撤去へ
日本人に人気の明洞屋台グルメは?
週間アクセスランキング
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
韓国・ソウル駅で列車の衝突事故
24.04.18
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
24.04.16
日本の地震に韓国でも届出140件
24.04.18
『涙の女王』の視聴率が急上昇
24.04.15
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]