韓国旅行「コネスト」 <新年インタビュー>イ・ジュンギ(2)「30代はメロドラマを」。韓国の芸能ニュース
KONEST

<新年インタビュー>イ・ジュンギ(2)「30代はメロドラマを」

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
◆世の中、できないことはない、自分が怠けているだけ

イ・ジュンギの座右の銘は「世の中できないことはない。自分が怠けているだけ」だ。新しい年を迎えるたびに座右の銘を心に刻むという彼は「軍入隊前の最後の20代だからか、ファンともっと心を通い合わせるのことのできるイベントをやりたいと考えている」と話した。

踊りに歌、各種パフォーマンスにたけた自分の長所を生かしてコンサート形式のファンミーティングを春に行う計画だ。また上半期放送予定であるSBS『見えない戦争』で、作品活動を暫定的に終える。

「作品を演じながらけがをするとその作品がヒットするとゲンを担ぐ。『一枝梅』でも右手の甲をけがした。自分の体のあちこちの傷が勲章のようにも見える。20代で体当たりのアクションをめいっぱいしたので、除隊後30代ではメロドラマを演じてみたい。30代には愛という感情を少しは表現できる男になっているのではないだろうか」

かわいらしくて、かつ優雅でさっぱりした女性が理想のタイプだと明らかにしたイ・ジュンギは「俳優は恋愛をたくさんしなければならないというけれど、この点では残念な青春を送った気がする」と話した。急に人気が集まり、ガールフレンドとオープンに付き合うなどとは考えられず、よく行った行き付けの屋台も行かなくなって久しいという。ナイトクラブへ行っても、合コンどころかホールに出ることもできない。

「芸能人の友達はポッピン・ヒョンジュンが唯一だ。ほかの俳優は私が踊と歌でファンと交流することを、俳優がどうしてショーをするのかと理解してくれない。しかしポッピン・ヒョンジュンは私が描くプロジェクトを理解してくれて、アイディアも交換することができるので心強い」

ドラマ『一枝梅』終了後、多くの飲み友達ができた。共演したキム・チャンワン、キム・ルェハら先輩たちともさかずきをぶつけては人づきあいを深める。

「『一枝梅』は、夜遅く酒を飲みたければ電話して皆呼び出せる人々で団結した作品だった。おかげで年末年始もあちこち呼ばれていき、爆弾酒を飲んでスケジュールもきつかった。私の酒量は無限大であると思っていたけれど、やはり年齢には勝てないと気をつけている(笑)。
 
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2009年01月02日 12:01
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
チェ・テジュン来月18日服務終了へ
カカオ日、韓国に漫画制作子会社設立
ベクヒョンのミニアルバム、ミリオン
韓国の新規コロナ感染者532人
昨年のアサヒビール輸入額が7割減
BTSイベント 視聴者270万人超
きょうから都市部で制限速度引き下げ
セウォル号沈没事故から7年
政府11月まで集団免疫獲得目標維持
南陽乳業に「株価操作」の声
週間アクセスランキング
女優カン・ソラ 第1子女児を出産
21.04.15
パクソジュンら主演映画クランクイン
21.04.16
パク・ソジュン10周年ファンミ開催
21.04.15
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
21.04.16
JYPがオーガニック化粧品に出資 
21.04.16
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]