韓国旅行「コネスト」 変異株拡大で遠のく国際線運航再開 LCCは日本路線縮小。韓国の旅行ニュース
KONEST

変異株拡大で遠のく国際線運航再開 LCCは日本路線縮小

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、新型コロナウイルスを抑制している国・地域同士が隔離なしで自由往来できるようにする「トラベルバブル」の導入を推進しているのに合わせ、韓国航空会社が進めていた国際線の運航再開が、変異ウイルスのインド型(デルタ株)の拡大で壁にぶつかっている。五輪特需も見込めない厳しい状況の中、国際線の運航再開は再び遠のいている。

航空業界によると、韓国航空会社は最近、変異ウイルスの拡大を受け日本、中国、東南アジア路線の運航再開計画を事実上、保留した状態だ。業界関係者は「国内の航空会社は国土交通部に東南アジア路線の運航許可を申請したが、許可が出ても実際の運航は難しい」との見方を示した。

 変異ウイルスの国内流入を懸念する防疫当局が国際線の運航再開に否定的な立場を示しており、当面は国際線の運航状況に大きな変化はないとみられる。ただ、変異ウイルス感染拡大の勢いが比較的弱いグアム、サイパンへの路線は夏から運航が再開される。

 来月23日に東京五輪が開会するが、日本政府は海外からの観客受け入れを断念した。過去の五輪開催期間に増便や特価航空券の販売などで五輪特需を享受した韓国航空会社は東京五輪に合わせた増便やマーケティングを計画していない。

 大手の大韓航空とアシアナ航空は来月も日本路線を今月と同様に運航する。大韓航空は仁川と成田、大阪、名古屋を結ぶ便を、アシアナ航空は仁川と成田、大阪を結ぶ便をそれぞれ運航している。

 国土交通部の航空情報ポータルシステムによると、先月の韓国―日本線の乗客は8500人でコロナ禍前の2019年5月(179万人)のわずか0.5%だった。来月の乗客数もほぼ同じ水準と予想される。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年06月27日 11:59
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国医療現場「崩壊」の恐れも
ホン・サンス ベルリンで審査員大賞
SKZ 4月に日本でファンイベント
新人グループI'LL-IT パリへ
囲碁の農心杯 申真ソが4連覇
作曲家・新沙洞の虎さん死亡
尹大統領の支持率34%に上昇
TWICEミナが投票1位
BTSのMVが再生18億回超
ロッテグループ日本でヘルスケア事業
週間アクセスランキング
俳優チョ・インソン詐欺に注意
24.02.22
コカ・コーラハングル入り限定品発売
24.02.21
世界を魅了した韓国ラーメン
24.02.20
歌手ソン・シギョン、マッコリ発売
24.02.22
HYBE新人女性グループデビュー
24.02.21
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]