韓国旅行「コネスト」 トラベルバブル推進に航空業界が期待 国際線の運航再開を準備=韓国。韓国の旅行ニュース
KONEST

トラベルバブル推進に航空業界が期待 国際線の運航再開を準備=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国政府が、新型コロナウイルスを抑制している国・地域同士が隔離なしで自由往来できるようにする「トラベルバブル」の来月からの導入を推進しており、コロナで苦境にある航空業界は期待を強めている。

 政府が9日、シンガポールやグアム、サイパンなど防疫状況を信頼できる国・地域を対象にトラベル​バブルの合意締結を推進すると発表すると、国内の航空各社は国際線の運航再開に弾みがつくとみて、運航再開や路線拡大に向けた需要の把握に着手した。

 政府は、まずはワクチンの接種を終えた人の団体旅行を認める方針で、すぐには国際線の予約率に大きな変化はないものの、旅行会社が集客を終えれば予約率は上昇するとみられる。

 中でも、旅客運送の落ち込みを貨物運送で補っていた大手のフルサービスキャリア(FSC)と違い、新型コロナの直撃を受けた格安航空会社(LCC)にとって、トラベル​バブルの導入は大きな助けになりそうだ。

 あるLCCの関係者は「トラベル​バブルが締結された国を中心に、路線の運航が再開される可能性が高い。多くの国と締結してこそ国際線も増えるだろう」と期待を語った。

 LCC各社は今夏、グアムとサイパン路線から運航を再開する方針だ。

 チェジュ航空は今月8日、仁川(ソウル)―サイパン線の運航を再開した。ティーウェイ航空とエアソウルは来月の仁川―グアム線の運航許可を政府に申請済みで、ベトナム線や日本線の運航も申請したとされる。

 航空最大手の大韓航空は11月に運航する仁川―グアム線の航空券を販売中だが、トラベル​バブルが締結されれば運航再開を前倒しする可能性がある。

 トラベル​バブル締結の可能性が高いシンガポールへの便も、乗客増加が期待される。現在は大韓航空と大手のアシアナ航空が仁川―シンガポール線を運航しているが、搭乗率は20%未満とされる。

 また、米国務省が韓国への渡航の警戒レベルを最も低いレベル1に引き下げたことで、大韓航空とアシアナ航空の米州線も乗客が増えると見込まれる。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年06月09日 16:48
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
未成年の飲酒 飲食店の処分を軽減
尹大統領、支持率23%で就任後最低
TWICEダヒョンチャート投票1位
韓国 プレミア12で日本と同じB組
韓国 6月のサミットに招かれず
国際結婚20代のベトナム人妻の本音
新型コロナ 病院もマスク義務解除
ココア価格の急騰で菓子など値上げへ
四月革命から64年 民主主義発展へ
映画「グエムル」の造形物撤去へ
日本人に人気の明洞屋台グルメは?
週間アクセスランキング
「涙の女王」の「龍頭里」ってどこ?
24.04.16
韓国・ソウル駅で列車の衝突事故
24.04.18
宮脇咲良 舞台の酷評について心境
24.04.16
日本の地震に韓国でも届出140件
24.04.18
日本人に人気の明洞屋台グルメは?
24.04.17
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]