韓国旅行「コネスト」 即席麺の特需終了か 1~3月期の営業益が各社減少。韓国の経済ニュース
KONEST

即席麺の特需終了か 1~3月期の営業益が各社減少

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国即席麺関連業界の今年1~3月期の営業利益が急減したことが18日、分かった。昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「巣ごもり需要」が拡大し、即席麺の需要も急増したが、この特需が下火になったことに加え、小麦などの原材料費が上昇したためとみられる。

食品大手の農心の1~3月期の連結決算によると、売上高は6344億ウォン(約612億円)で前年同期比7.7%減少した。本業のもうけを示す営業利益は283億ウォンで同55.5%減少した。

 このうち即席麺の売上高は15.4%減の3000億ウォン、スナック菓子は6.6%減の853億ウォンだった。

 国内法人の売上高は4611億ウォンで11.3%減少したものの、海外法人は1733億ウォンで3.3%増加した。ただ、中国での売上高(909億ウォン)は4.9%、米国(871億ウォン)は0.8%それぞれ減少した。

 三養食品の1~3月期の売上高は1400億ウォンで前年同期比10.5%減、営業利益は143億ウォンで同46.2%減となった。国内の売上高は606億ウォンで23.3%減ったが、海外は793億ウォンで2.6%増えた。

 オットゥギは1~3月期の売上高が5600億ウォンで前年同期比3.8%増加したものの、営業利益は502億ウォンで同12.2%減少した。

 業界関係者は、昨年1~3月期は新型コロナ感染拡大の影響で即席麺に特需が生じ、その反動で今年1~3月期の営業利益が前年比で大きく減少したと説明した。

 また世界的に小麦など穀物の価格が上昇していることも影響した。

 業界関係者は「コロナ禍が長期化し今年1~3月期は平年程度の売り上げに戻ったものとみられる」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年05月18日 20:40
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
求職もしない大卒者 上半期過去最多
文体部蹴球代表監督選任過程の監査に
角野隼斗11月にソウルでリサイタル
BIGBANGのSOLソロコン開催
韓日中の大学生が「外交キャンプ」
世界的システム障害 韓国でも影響
韓国イースター 仁川―沖縄線を就航
「白峰韓半島文化賞」に板垣竜太氏
BTSジミン 「MUSE」リリース
出生自動登録 身元隠し出産も保護へ
週間アクセスランキング
ソウル全域に大雨警報発令
24.07.17
俳優ピョン・ウソク「過剰警護」炎上
24.07.16
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
24.07.15
チョ・インソンが大阪でファンミ開催
24.07.17
歌手兼俳優のイ・ジフンがパパに
24.07.18
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]