安全な韓国旅行のための防疫ガイド
韓国旅行「コネスト」 即席麺の特需終了か 1~3月期の営業益が各社減少。韓国の経済ニュース
KONEST

即席麺の特需終了か 1~3月期の営業益が各社減少

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国即席麺関連業界の今年1~3月期の営業利益が急減したことが18日、分かった。昨年、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で「巣ごもり需要」が拡大し、即席麺の需要も急増したが、この特需が下火になったことに加え、小麦などの原材料費が上昇したためとみられる。

食品大手の農心の1~3月期の連結決算によると、売上高は6344億ウォン(約612億円)で前年同期比7.7%減少した。本業のもうけを示す営業利益は283億ウォンで同55.5%減少した。

 このうち即席麺の売上高は15.4%減の3000億ウォン、スナック菓子は6.6%減の853億ウォンだった。

 国内法人の売上高は4611億ウォンで11.3%減少したものの、海外法人は1733億ウォンで3.3%増加した。ただ、中国での売上高(909億ウォン)は4.9%、米国(871億ウォン)は0.8%それぞれ減少した。

 三養食品の1~3月期の売上高は1400億ウォンで前年同期比10.5%減、営業利益は143億ウォンで同46.2%減となった。国内の売上高は606億ウォンで23.3%減ったが、海外は793億ウォンで2.6%増えた。

 オットゥギは1~3月期の売上高が5600億ウォンで前年同期比3.8%増加したものの、営業利益は502億ウォンで同12.2%減少した。

 業界関係者は、昨年1~3月期は新型コロナ感染拡大の影響で即席麺に特需が生じ、その反動で今年1~3月期の営業利益が前年比で大きく減少したと説明した。

 また世界的に小麦など穀物の価格が上昇していることも影響した。

 業界関係者は「コロナ禍が長期化し今年1~3月期は平年程度の売り上げに戻ったものとみられる」と話した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年05月18日 20:40
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
OHMYGIRLアリンが寄付
一般兵士が軍の逆差別配食を暴露
韓国の新規コロナ感染者507人
韓国の、あの食品がドリンクに!?
海外ワクチン接種 隔離免除されず
韓日中でMnetオーディション番組
マ・ドンソク主演映画クランクアップ
ジョイ、夏ファッションの写真を公開
女優イ・ハニ韓ドラで1人2役に挑戦
ワクチン後に血栓 初の死亡例=韓国
韓国議員タトゥー見せながら記者会見
週間アクセスランキング
韓国議員タトゥー見せながら記者会見
21.06.16
「ブルダック炒め麺」4種のチーズ味
21.06.12
韓国軍兵士がワクチン接種後に死亡
21.06.14
韓国の、あの食品がドリンクに!?
21.06.17
海外ワクチン隔離免除申請は1週間に
21.06.14
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]