ついにビザなし入国再開でK-ETA手続きが必須に!
韓国旅行「コネスト」 ニューヨーク・タイムズも注目、4月1日に開幕控えた光州ビエンナーレ=韓国。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

ニューヨーク・タイムズも注目、4月1日に開幕控えた光州ビエンナーレ=韓国

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
第13回光州(クァンジュ)ビエンナーレが4月1日に開幕する。新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)感染拡大により2度も延期されたが、ついに開幕を目前にしている。光州ビエンナーレは本来、昨年9月に開幕する予定だったが、ことし2月26日に開幕を延期し、新型コロナの感染拡大が収まらずに更に延期された。イベント期間は当初の73日から39日に縮小した。「上昇する心、迎える魂(Minds Rising、Spirits Tuning)」をテーマに開催される今回のビエンナーレは、40カ国以上の作家69(人/チーム)が450点余りの作品を披露する。

開幕に先立ち、今回のビエンナーレの共同芸術監督デフネ・アヤス(Defne Ayas)氏(45)とナターシャ・ジンワラ(Natasha Ginwala)氏(36)は、2月中光州に滞在し、設置作業を指揮して行った。トルコ出身のアヤス氏はロシア・V-A-C財団のキュレーターで、インド出身のジンワラ氏はドイツ・ベルリンのグロピウス・バウのキュレーターだ。2人は共に決めた「上昇する心、迎える魂」というテーマは、西洋社会と近代を支えてきた合理性と理性中心から逸脱し、非西洋世界の文化を芸術的に探求するという意味と人類の歴史で注目されることができなかった多様な存在を示し、覚醒させるという意味が込められている。

展示は、メイン展示場の光州ビエンナーレ展示館をはじめ、国立光州博物館、楊林洞(ヤンニムドン)ヒイラギ・アートポリゴン、光州劇場で同時多発的に開催される。何よりも、ことしは光州ビエンナーレ展示館の5つの展示室のうち第1展示室を光州ビエンナーレ史上初めて一般に無料で開放する。アヤス氏とジンワラ氏は、ことし2月に展示現場で行ったインタビューで、「展示室の無料開放はこの場所を愛してくれた光州市民に捧げる」とし、「この場所で作品を楽しんで、もっと見たければ奥にもう一歩入って欲しい」と述べた。作品に会って会話したいという切実な思いを最初の展示スペースへ親しみを持って解放したものだ。

ここには韓国画家ミン・ジョンギ氏、写真家イ・ガプチョル氏を含め、ムン・ギョンウォン氏、キム・サンドン氏ら国内作家やサーミ族のオウティ・ピエスキ氏、ジョン・ジェラード氏など海外作家、計8人の作品が設置された。ここにはシャーマニズム博物館と嘉会(カフェ)民画博物館の護符や民話、石彫などが共に公開される。

国立光州博物館では『完全に死ねない者』というタイトルで、死と死後の世界、肉体の限界性などの概念を扱った作家達の作品を披露する。参加作家はテオ・エシェツ氏、ガラ・ポラス・キム氏、セシリア・ビクーニャ氏などだ。このうち、現在米国ニューヨークで活発に活動中のチリ出身の詩人で美術家のビクーニャ氏はピノチェト政権下から英国に亡命した人物で、今回のビエンナーレで軍部独裁に対抗し連帯する人々を題材に絵画連作とバナー作業を披露する。

旧国軍光州病院で行われる光州ビエンナーレコミッションの展示もことし光州で是非見てほしい展示だ。イ・ブル作家は、ここでアクリルミラーなどを活用した新作と、2018年に撤去された非武装地帯(DMZ)の監視警戒所から出た鉄条網などを使って作られた作品を披露する。旧国軍光州病院は1964年に開院し、1980年当時、戒厳司令官に連行され尋問する過程で拷問と暴行で負傷した市民が治療を受けた場所だ。2018年にここで披露したマイク・ネルソン氏の設置作業『鏡の響き』は、廃墟のような実際の空間と調和し、大きな反響を得た。ことしもここではネルソン氏の作品をはじめ、昨年、国立アジア文化の殿堂で展示されたイム・ミヌク氏の『チェ・ウイジンと千本の杖』、塩田千春氏の『神の言語』などの作品を改めて披露する。

オンライン展示も強化した。アヤス氏とジンワラ氏の2人の芸術監督が自ら出演し、作品を説明する動画がイベントの開幕後にビエンナーレ公式ウェブサイトとSNSで順次公開される予定だ。一方、ニューヨーク・タイムズは29日付の紙面で光州ビエンナーレ開幕を大きく扱い、目を引いた。同紙は「過去数年間、光州ビエンナーレは世界最高レベルのキュレーターを監督に選任し、世界の美術界で韓国にスポットライトが当たるのに大きな役割を果たしてきた」とし、「1995年に第1回を開催して以来、同ビエンナーレは世界で最も際立つ美術イベントの1つとして定着した」と評価した。続けて「新型コロナにより、現在、他の国際展示会のほとんどが延期される中、韓国の比較的成功した防疫状況が今回のビエンナーレの開幕を後押しした。特に、2人の芸術監督は、昨今のパンデミック危機に耐え、反応する方法でビエンナーレの前例を作るために奮闘した」と伝えた。

キム・ソンジョン光州ビエンナーレ代表は「新型コロナ下で開幕する行事のため、来場者数を制限するなど防疫に全力を傾けている」とし、「地球村共同体が直面する危機に、今回のビエンナーレが共同体の価値、芸術の力をさらに覚醒させる場になることを願う」と語った。イベントは5月9日まで。
COPYRIGHTⓒ 中央日報日本語版  2021年03月31日 15:35
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国最大野党代表 都市開発疑惑否認
新規コロナ感染者18,871人
EPIK HIGH2月にアルバム
1人当たりコメ消費量が過去最少
MOMOLAND事務所と契約終了
LG電子の22年売上高が過去最高
南北統一の重要性も強調=尹大統領
国民年金 2055年に積立金枯渇
乳幼児コロナワクチン接種 来月開始
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
週間アクセスランキング
ソウルの最低気温氷点下16.4℃
23.01.24
韓国ドラマの「一杯」にはまった日本
23.01.25
旧正月・中秋節ストレス要因1位は?
23.01.22
韓国・釜山に外国人専用パス登場へ
23.01.27
新人ガールズグループに日本出身アサ
23.01.26
COPYRIGHT ⓒ 2023 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]