韓国旅行「コネスト」 反中感情の高まりで地上波ドラマが打ち切りに。韓国の芸能ニュース
KONEST

反中感情の高まりで地上波ドラマが打ち切りに

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】歴史を歪曲(わいきょく)しているとして論争に巻き込まれた韓国SBSテレビのドラマ「朝鮮駆魔師」(原題)の放送が打ち切りになることが、26日分かった。

SBSはこの日、「今回の事態の深刻性を重く受け止め、『朝鮮駆魔師』の放映権購入契約を解除して放送を中止することを決めた」と発表した。

 このドラマの放映権料の大部分は既に支払い済みで、制作会社は撮影を8割方終えているという。 

 「朝鮮駆魔師」は、22日に放送された第1話で月餅など中国の食べ物を小道具に使用したほか、登場人物に中国風の衣装を着せて問題になった。

 朝鮮王朝第3代王の太宗やその息子の譲寧大君、忠寧大君(後の朝鮮王朝第4代王、世宗大王)の描写も実際の歴史とはかけ離れていると指摘された。

 これに対し、制作会社とSBSは謝罪文を発表し、問題のシーンを修正して放送を1週間休止した後に再開すると発表した。

 だが、近ごろ中国の「文化東北工程(中国の歴史研究プロジェクトで、高句麗を自国の地方政権とするもの)」が力を増している中で韓国の視聴者の反中感情をあおる結果となり、広告主や地方自治体などがスポンサーを降りたことで続行が難しくなった。

 SBSは、放送局と制作会社の経済的損失や編成の空白などが懸念されるが、地上波放送局としての責任の重さを痛感して打ち切りを決めたと説明した。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年03月26日 13:34
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
韓国LCC11時間遅延で集団訴訟へ
BTSジン パリで五輪聖火リレー
尹大統領の支持率がやや上昇
韓国政府「政治的暴力を糾弾」
上半期の国際線利用者が急増
KARAギュリ骨折で活動中断
韓国、最低賃金1万ウォン超える
英男子グループKポ式訓練 BBCで
昌徳宮「薬房」を17日から開放
ガソリン価格が3週連続上昇
週間アクセスランキング
「ジェニーの室内喫煙」場面が議論に
24.07.09
行方不明の配達員が結局遺体で発見
24.07.12
「泥酔ベンツ女」イェソン懲役10年
24.07.09
ジェニーの屋内喫煙「ずっと謝った」
24.07.11
数百年に一度の豪雨が毎年発生
24.07.12
COPYRIGHT ⓒ 2024 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]