韓国旅行「コネスト」 コロナ克服へ希望伝えるライトショー 26日からソウルのDDPで。韓国の社会・文化ニュース
KONEST

コロナ克服へ希望伝えるライトショー 26日からソウルのDDPで

お気に入りに追加 (登録者 : 0人)  印刷する
【ソウル聯合ニュース】韓国・ソウルの東大門デザインプラザ(DDP)の外壁を活用したライトショー「2021 SEOUL LIGHT 春」が、26日から来月1日まで開催される。ソウルデザイン財団が22日、発表した。

SEOUL LIGHTはDDP西側の外壁220メートルにプロジェクション方式で映像を投射する「メディアファサードショー」で、2019年12月に初めて開催され、100万人以上の市民が鑑賞して人気を集めた。

 今回のショーのテーマは、19年の「ソウル解夢」に続く「ソウル解夢2」。「ソウルの夢を占う」という意味で、ソウルデザイン財団は新型コロナウイルスで疲弊した市民に「希望の光」を見せるという趣旨だと説明した。美しい花と新しい生命が芽吹く春の雰囲気をDDPの外壁の柔らかい曲面を用いたメディアアートとして表現し、希望のメッセージを伝える。

 メディアアート作品には人工知能(AI)が活用された。ソウルの過去と現在を写した写真600万枚と世界から集めた自然、地理、生態などの写真約1万1000枚をAIに学習させ、新たに創造したイメージが披露される。 

 19年のSEOUL LIGHTを手掛けたトルコ出身の世界的なビジュアルアーティスト、Refik Anadol氏が今回も総監督を務める。

 同氏は、「今回のショーが新型コロナ克服のために最前線で働く世界の医療従事者と、われわれ皆の希望と癒しになることを願う」と述べた。

 今回のショーは新型コロナの感染拡大防止のため事前予約制で行われ、午後7時半から10時まで30分間隔で、1回10分間ずつ1日6回上映される。鑑賞できる人数は各回99人まで。予約はDDPのホームページ(ddp.or.kr)で受け付ける。

 期間終了後は、DDPに設けられるメディアアート鑑賞空間「LIGHT SPACE」とユーチューブチャンネルで公開される。
COPYRIGHTⓒ YONHAP NEWS  2021年03月22日 12:35
PR
コネスト予約センターコネスト予約センターコネスト予約センター
・営業時間 9:30~18:00(月~土)
・休業日  日曜日・1月1日
道路名住所」とは?
2014年から施行された新しい韓国の住所表記法です。 → 詳細
ログイン 予約の確認
無料会員登録
コネスト会員になるとより韓国が近くなる!
レート・両替・物価 韓国の天気 カレンダー 翻訳
注目のニュース
女児虐待死事件 養母に無期懲役判決
BTS、米人気雑誌の表紙飾る
韓国政府が「特別旅行注意報」再延長
BTS「フレンズ」特別編ゲスト出演
新規コロナ感染者2日連続700人超
ポン・ジュノ監督 アニメ映画制作へ
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
コロナ自主隔離中に抜け出し実刑判決
KAISTがグローバル企業に選出
がん闘病中のBoA兄、応援に感謝
週間アクセスランキング
海外で韓国のチョコパイが人気
21.05.11
済州航空・機内食カフェがオープン
21.05.11
パク・ソジュン主演ドラマが漫画化
21.05.13
7月から新しい防疫基準を適用
21.05.12
BoAの兄が腹膜がんを告白
21.05.11
COPYRIGHT ⓒ 2021 韓国旅行情報「コネスト」 All rights reserved.
今日見た記事
注目の記事
[ 閉じる▲ ]
[ 固定解除 ]